1箱50枚で2000円。日本の不織布メーカーが作った使い捨て高性能マスク 9月7日(月)発売。

1箱50枚で2000円。日本の不織布メーカーが作った使い捨て高性能マスク 9月7日(月)発売。

前田工繊株式会社はこれまでマスクをはじめとした医療・衛生資材や一般産業資材用途に不織布を提供してきました。コロナ禍において日本製マスクの生産をしてほしいとのご要望を多数いただき、自社の不織布を使用したオリジナルマスクの生産を開始しました。


現在様々なタイプのマスクが販売されていますが、フィルター性能の高い不織布マスクはいまだ供給が不足しています。不織布のプロである前田工繊株式会社がどのように社会に貢献できるかを考え、材料と品質には徹底的にこだわりました。
※スプリトップ®は前田工繊の登録商標です。


マスク


特長



  • 不織布のプロである前田工繊が、材料・品質にこだわって生産。

  • \t
  • マスクフィルター性能は、BFE(バクテリア飛沫捕集(ろ過)効率)、VFE(ウイルス飛沫捕集(ろ過)効率)、PFE(微粒子捕集(ろ過)効率)が全て99%以上。※ネルソン研究所にてデータ取得

  • \t
  • 紫外線遮蔽率85.1%。

  • \t
  • ホルムアルデヒド試験をクリアした材料を採用。

  • \t
  • クリーンルームで製造・梱包しているため、安心。

  • \t
  • 外側に白度の高い不織布を使用しており、口元が透けにくい。

  • \t
  • ノーズフィットで鼻のラインにピッタリ合せられる。

  • \t
  • 立体プリーツ形状で、口元に空間ができ呼吸がしやすい。

  • \t
  • 長時間の着用でも、耳が痛くなりにくい耳紐を採用。


マスク


モニタリング頂いた方の声



  • 軽い

  • \t
  • ゴワゴワ感がない

  • \t
  • 息苦しさがない

  • \t
  • 口元が毛羽立ちにくい

  • \t
  • PFE99%カットフィルター採用で安心


などの声が届いているそうです。


マスク


使用方法


使用う方法


生産工場のご紹介


生産地:福井県
環境:ISO9001、ISO14001取得工場のクリーンルーム


生産工場


製品詳細


生産国:日本
サイズ:175mm×95mm(ふつうサイズ)
素材:本体:ポリプロピレン
   ノーズフィット:ポリエチレン
   耳紐:ポリエステル・ポリウレタン・ナイロン
梱包:50枚/箱
対象:かぜ、花粉、ほこり、PM2.5等
性能: BFE(バクテリア飛沫捕集(ろ過)効率)、VFE(ウイルス飛沫捕集(ろ過)効率)、PFE(微粒子捕集(ろ過)効率)99%以上。
価格:2,000円/箱(40円/枚×50枚入り)
   1,000枚 40,000円/ケース(50枚×20箱/ケース)
販売:Amazonより「マスク 前田工繊」と検索のうえお買い求め下さい。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP