オンラインバスツアーで日本三大修験の聖地・出羽三山へ。東北の神秘の雪山に伝わる精進料理と山伏文化

オンラインバスツアーで日本三大修験の聖地・出羽三山へ。東北の神秘の雪山に伝わる精進料理と山伏文化

「NOBODY KNOWS」は、芸能の視点から、日本遺産や地域文化の魅力を再発見するプロジェクトです。全国各地の日本遺産を舞台に、地域に伝承される芸能とプロの伝統芸能パフォーマンスを組み合わせ、 “伝統芸能ライブ・ツーリズム”という新たな観光の形を開発します。


文化庁と公益社団法人日本芸能実演家団体協議会(以下、芸団協)らが主催となり「日本博」事業として昨年度より開始しています。第3弾は、コロナ禍のなか、テレビ会議システムZoomを活用したオンラインバスツアーを成功させ、メディアでも広く話題を集めた「コトバス」とのコラボレーション。雪の出羽三山への旅を生配信!自宅に届く精進料理を食べながら、山伏の文化と芸能のルーツをたどります。


71
羽黒山大鳥居 写真提供:芸団協

[第3弾プログラム] オンラインバスツアー



  • 2021年2月10日(水)、2月20日(土)

  • \t
  • 日本三大修験の聖地・出羽三山で山の恵を味わう 東北の神秘の雪山に伝わる精進料理と山伏の文化

  • \t
  • 【トーク】伊藤新吉(羽黒山参籠所 斎館 料理長)、吉住登志喜(出羽三山神社 禰宜)、山井綱雄(金春流能楽師)*VTR出演/ 山本紗希(ツアープランナー)、上沼亜矢(企画・現地ナビゲーター)


リアルタイムの映像・トークと地域の食を味わいながら、お楽しみいただけるオンラインバスツアー。日本で唯一「ユネスコ食文化創造都市」に認定された鶴岡、出羽三山の精進料理は、神域の恵をカラダに取り入れるもの。ご自宅にお届けする精進料理とともに、山伏修行の場所「斎館」の伊藤料理長が、その食文化をご紹介します。
ツアー後半では、出羽三山での山伏修行の1つ100日間のこもり行「冬の峰」のクライマックス「松例祭」と、それに関わる里の人々をご紹介します。神職・吉住禰宜のトークとあわせ出羽三山に息づく自然と共生する文化を体験いただきますNOBODY KNOWS企画限定、能楽師の山井綱雄さん(重要無形文化財保持者)をお迎えした特典映像も。山伏の文化と能楽の深い関わりをご解説いただき、皆さんをとことんディープな出羽三山の世界へと誘います。


日時:2021年2月10日(水)10:00-11:30、2月20日(土)10:00-11:30
定員:20名
旅行代金:モニター特別価格  5,980円(←9,900円)
     ※ツアー終了後にメールで送付するアンケートへのご回答が参加条件となります。
旅行企画・申込み:コトバスツアー ウェブサイトよりお申込みください。
         https://www.kotobus-tour.jp/online/ktz024.html
行程:鶴岡駅(10:00出発)=(鶴岡を車窓案内 ナビゲーターと楽しく事前学習/動画)=出羽三山神社 羽黒山参籠所 斎館(伊藤料理長のお話/LIVE)=能楽師・山井先生のお話とともに、松例祭を通じて山伏の自然観に触れる(ナビゲーターによるストーリー解説/松例祭動画、能楽師 山井綱雄のお話/動画)=羽黒山山頂(山伏と対面/LIVE)=三神合祭殿(吉住禰宜のお話/LIVE)=(11:30解散)
※インターネットを使ってご自宅からご参加いただきます。事前に宅急便で精進料理をお届けします。


◎第1弾企画でお届けしたクロストーク「山伏と能楽師に学ぶ "こもる力"」も好評配信中です。


72
羽黒山と山伏 画像提供:芸団協

ご自宅にお届けする精進料理「出羽三山の春待ち食セット」


①月山筍となめこの煮物 ②トンブリと宝谷カブのゴマみそ和え ③紅花の茎の炒り煮 ④たくあんの煮びたし ⑤イタドリと干し柿の甘酢 ⑥斎館オリジナルごま豆腐(下段左→右、上段左→右)


73
出羽三山の春待ち食セット 写真提供:芸団協

プロフィール


74
伊藤新吉氏 画像提供:芸団協

伊藤新吉氏(羽黒山参籠所 料理長)


出羽三山神社羽黒山参籠所「斎館」料理長。神秘の霊峰・出羽三山の玄関口「羽黒山」の山中に佇む斎館にて、20年以上腕を振るう。フランスやハンガリーにて山伏文化が息づく精進料理を提供し、高い評価を得る。


75
吉住登志喜氏 写真提供:芸団協

吉住登志喜氏(出羽三山神社 禰宜)


出羽三山神社 祭儀部部長、企画弘報室室長。羽黒派古修験道を今に伝える。羽黒山麓修験明光院当主。


76
山井綱雄氏 写真提供:芸団協

山井綱雄氏(金春流能楽師)*VTR出演


「能楽は世界最高の芸術である」との信念の下、能楽普及と「日本の心」の啓蒙に奔走している。 初心者のための能のワークショップ、学校公演などを多数開催。重要無形文化財(総合指定)保持者。 公益社団法人能楽協会理事、2014年度文化庁文化交流使、NHK文化センター青山校講師、JR東日本「大人の休日倶楽部」講師、 海外公演や他ジャンル芸術家との共演・創作作品多数。能楽の新たな可能性にも挑む。


77
上沼亜矢氏 写真提供:芸団協

上沼亜矢氏(企画・現地ナビゲーター)


山形生まれ伊勢育ち。「西の伊勢参り 東の出羽三山参りプロジェクト」ブランドディレクター。「日本の美しい時間を世界に」をコンセプトに、企画やデザイン、脚本・演出などを通じて、日本人の自然観や精神文化を、分かりやすく伝える''スト―リーテラー''として出羽三山を中心に活動。


NOBODY KNOWS  [令和2年度 日本博主催・共催型プロジェクト]


主催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会(芸団協)
共催:出羽三山「生まれかわりの旅」推進協議会、鶴岡市、鶴岡市教育委員会、西の伊勢参り 東の出羽三山参りプロジェクト
企画協力:出羽三山神社、出羽三山門前町プロジェクト、縦糸横糸合同会社
広報協力:伊藤総研株式会社
コミュニケーションデザイン:株式会社Que
デザイン:株式会社新村デザイン事務所
ウェブ制作:株式会社テオ
協力:公益社団法人能楽協会
後援:環境省


※「日本博」事業…2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機運醸成や訪日外国人観光客の拡大等を見据え、我が国の文化芸術の振興と、その多様かつ普遍的な魅力を発信するため、日本全国を舞台に展開される事業。


※日本遺産…全国各地の歴史や魅力を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として認定する 文化庁による取り組み。ストーリーに関係する各地の有形・無形の文化財群をパッケージ化し、地域活性や観光振興へ活かすことを目的とする。2020年6月時点で104箇所が認定されている。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP