医療用レベルのスリーヴ。ウレタンでもない、不織布でもない第3のマスク。緊急追加販売決定

医療用レベルのスリーヴ。ウレタンでもない、不織布でもない第3のマスク。緊急追加販売決定

不織布マスクと同等以上の性能を持ち、厳しいPFE規格でも濾過率99%以上を達成した高性能フィルターを搭載し、ウレタンでもない、不織布でもない第3のマスクとして注目を集め入手困難となっていた、マスク「Suriv|スリーヴ」が緊急追加販売決定しました。通勤電車や人が集まる場所での防染対策をしつつ、ファッション性も妥協しないデザイン、機能ともに向上した第3のマスク。1箱3枚入り/1,350円(税別)です。


41


通勤や通学、人混みも「外出にはスリーヴ」


Suriv|スリーヴでは、飛沫を外に漏らさない効果が高く、厳しいPFE規格でも濾過率99%以上を達成した高性能フィルターを搭載したマスクを開発します。不織布マスクと同等以上の性能を持ち、通勤電車や人が集まる場所での防染対策ができる高性能マスクだと話題となっています。


42


マスクは「用途に応じて選ぶ時代。」


Surivは、世界が大きく変わったその中で大切なものを守るため「逆境を跳ね返す」というコンセプトのもと立ち上がったブランドです。


Suriv【スリーヴ】
① スリーブ:カバー、何かを包むもの、守るもの。
②virus【ウイルス】を反対から表記した綴り。
ウイルスに屈しない、この逆境を跳ね返すという気持ちを込めた。


これまでマスクと言えば、一般的に広く販売されている「使い捨てマスク(不織布)」、「布マスク」、「ウレタンマスク」でした。


43


使い捨てマスク(不織布)


メリット:比較的どこでも手に入り、使いたいときにすぐ使え、手軽で衛生的。
デメリット:コストがかかる。汗を吸収しない。マスク荒れで悩む人が多い。環境への負荷が社会問題。


ウレタンマスク


メリット:通気性が高く、人との距離を十分に保つことができる場所で軽い運動も楽しめる。
デメリット:ウイルスや飛沫の遮断性が低く、人混みや通勤通学では心許ない。


布マスク


メリット:経済的な負担が小さく、肌への負担も軽減。保湿効果も高いので乾燥肌対策にも。
デメリット:ウイルスが透過しやすい。


それぞれメリット・デメリットがあり感染のリスクによって使い分けることが大切と言われているなか、最近では、布マスクやウレタンマスク着用を過剰に批判する「不織布マスク警察」も出現し、恫喝されたなど、トラブルも各地で起きています。


44


今、必要なのは「正しく恐れる」 こと新型コロナウイルスの脅威から大切な人を守るため、どんな状況や場面なのか、ウイルスのサイズなど周りの"空気"を知っておくことも。


45


世界各地で報告される「コロナごみ」


今後ますます地球環境に多大な負荷をかけると予想されている。SDGsの観点からもSurivは使い捨てず、洗濯しくり返し使うことで、小さいながら地球環境にも配慮したエシカルなマスク。さらに、老舗デザイン会社のマスクとあってファッション性も妥協しておらず、目元の印象を美しく見せるシェイプは「表情が伝わりやすい」との声もあります。また、長時間の装着による不織布マスクでの肌荒れにからも解放されると、接客に携わる仕事の現場からも高い評価を得ています。


販売


Suriv|スリーヴ公式ホームページ

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP