自宅で演舞・おひねり・楽屋挨拶を体験できる『超時空オンライン歌舞伎ツアー成田詣でござる!』

自宅で演舞・おひねり・楽屋挨拶を体験できる『超時空オンライン歌舞伎ツアー成田詣でござる!』

松竹芸能株式会社と株式会社LiveParkは、歌舞伎俳優 市川九團次がお届けする『超時空オンライン歌舞伎ツアー成田詣でござる!』のライブ配信を行います。


【成田詣ツアー編】オフショット


51


52


53


54


市川九團次と行く【成田詣ツアー編(本日公開)】概要


深川不動堂で旅の安全を祈願した九團次御一行は、船橋を経て成田に到着すると、早速市長とうなりくんの歓迎を受け、記念撮影!そして、ふらりと立ち寄った約150年続く造り酒屋で、勧められるままに、お詣りにお酒がつきものだろうと、早速シュワシュワの発泡酒をいただく流れに。先代團十郎や海老蔵が贔屓にする老舗料亭で、海老蔵が必ずオーダーするという白焼きを堪能するなど、お参りを満喫するが、途中海老蔵が登場か!?というハプニングも。成田詣のしめにはしっかり御不動さまを拝み1日も早い病魔退散と天下泰平を祈願。市川家の歴史を感じ、うっすらと涙を浮かべる場面も?!とにかく必見の成田詣編です!


なお、本日公開した【成田詣ツアー編】に続き、2月7日(日)には、本公演となる【本編~開運成就 ありがとう奉納演舞編(有料配信、2/7 16時開演)】では、演舞のライブ配信後にアプリを通じて市川九團次の楽屋訪問さながらのコミュニケーションをして頂けます。


文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」
主催:文化庁、松竹芸能株式会社
制作:株式会社LivePark、Lan.i Production
協力:松竹株式会社、株式会社3Top、成田市


【序章~開運祈願 成田詣ツアー編】(本日公開/無料配信)


視聴方法:LIVEPARKアプリ
YouTube(LIVEPARKチャンネル)
Twitter(LIVEPARK)


内容:四代目 市川九團次が成田詣に詳しい同行者に成り代わり、視聴者と一緒にバスツアーに参加。成田山東京別院から船橋を経由し、成田山新勝寺への成田詣を疑似体験して頂ける企画です。歴史の話はもちろん、市川家ゆかりのお食事処やお土産物屋さんなども盛りだくさんでご紹介します。


【本編~開運成就 ありがとう奉納演舞編】(オンラインライブ配信/有料配信)


日時:2021年2月7日(日)16時開演(演舞は1時間程度、終演後アフタートーク)


概要:市川九團次による演舞(『翁千歳三番叟』と『静と知盛』)に加え、演舞後の楽屋挨拶をバーチャル体験できるアフタートークを予定しております。
またライブ配信中は、いつでも【おひねり】や【差し入れ】としてギフティング機能を使って“ポチ袋”や“ぬいぐるみ”“うな重”などのアイコンで市川九團次に直接応援メッセージを送って頂けます。
アフタートークでは、視聴者が書き込んだコメントに対して市川九團次がその場でお応えする質疑受付コーナーなどを企画しています。


当日の演舞の詳細


翁千歳三番叟


舞踊の起こりは、天下泰平や五穀豊穰などを神に祈る儀式でした。今日でも能楽の「翁」は「能にして能にあらず」として特別視され、翁・千歳・三番叟の舞から成る儀式性の高い曲です。翁は集落の長、千歳は若者、三番叟は農民の象徴とも言われ、能楽「翁」を基に数多くの長唄や舞踊が作られましたが、大半はユーモラスな三番叟の舞に主眼が置かれたものです。そんな中『翁千歳三番叟』は、三番叟の快活さに加え、本来の「翁」の荘重さもご堪能頂ける大曲となっています。


静と知盛


歌舞伎の松羽目物『船弁慶』から、静御前と平知盛の霊、二役だけを抜き出した舞踊。前半の舞台は摂津国大物浦。兄・頼朝から命を狙われ、この港から落ち延びる源義経は、愛する静御前を都に帰るよう諭す。静御前は義経の前で別れの舞を披露する(都名所)。義経が船出してからが後半。かつて義経と戦い、海に沈んだはずの平知盛の霊が現れる。前半は美しい白拍子、後半は荒れ狂う怨霊と、全く異なる2役の踊り分けが眼目である。
 
視聴方法:動画配信アプリ『LIVEPARK』アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードして頂くことで、ライブ配信が終わったあとでも2月末日まで何度でもご視聴(録画動画)頂けます。

特典:今回特別な写真などのダウンロードコンテンツをプレゼントする予定です。(詳細が確定次第、特設ページに情報を掲載されます。)

金額(LIVEPARKアプリ内で課金):3500コイン(1コイン1円相当)

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP