地震などへの備えは十分に。「防災電池」に続き「防災充電器」を販売開始。

地震などへの備えは十分に。「防災電池」に続き「防災充電器」を販売開始。

兼松株式会社は、新たな防災商品として、災害時に必要性の高いスマートフォン等の充電器「防災充電器」(乾電池6本利用)の販売を開始しました。昨年8月に発売した「防災電池」と合わせ、是非ご利用ください。


防災充電器
防災充電器 4本式と比べ約2倍の充電性能

「防災充電器」について


災害・停電時、情報取得・連絡手段としてスマートフォンの重要度は高まる一方で、その充電手段の確保がますます重要になってきております。スマートフォン用のモバイルバッテリーはリチウムイオンバッテリーのものが主流ですが、停電時は繰り返し充電ができないという問題があります。本商品はアルカリ乾電池6本を用いた充電器で、乾電池さえあればいつでもどこでも充電が可能です。最大1.5Aの高出力を備え、従来商品の乾電池4本を用いた充電器より約2倍の充電性能を備えております。(当社調べ)


防災充電器
当社調べによる充電性能比較

 近年バッテリー容量が大容量化しているスマートフォンでも一定の充電能力を発揮でき、乾電池には10年長期保管できる当社の「防災電池」を付属しており、より安心してご利用いただけます。
 災害・停電が長期化すると、予備の乾電池が非常に重要となります。仮に、4人家族で4台のスマートフォン充電を想定しますと、非常に多くの乾電池を消費します。


充電器での乾電池の利用想定本数
充電器での乾電池の利用想定本数

自然災害に備え、日頃から多めの備蓄を心がけ、日常でも使用しながら買い足していくローリングストックを心掛けることが大切です。


ローリングストックとは
ローリングストックとは

災害時の電気供給が無い中で充電可能な「防災充電器」と、10年長期保管可能で専用ケースで保管しやすい「防災電池」をあわせて準備していただく事を強くお勧めします。


防災電池 単3形40本入り 10年長期保存可能
防災電池 単3形40本入り 10年長期保存可能

「防災充電器」「防災電池」ともにAmazonにて販売しています。


防災充電器:(税込1,780円)
防災電池:(税込1,980円)