北海道美幌町が募集している『移住体験希望者』の先行受付が

北海道美幌町が募集している『移住体験希望者』の先行受付が まもなく終了します!

北海道美幌町では、2地域居住をはじめとした地方移住のニーズに対応するため、民間移住体験住宅3棟と町所有の移住体験住宅1棟を活用して『移住体験希望者』を美幌町移住定住情報サイトにて募集しており、先行受付の終了が2021年4月30日(金)と迫っています。


なお、移住者からのアンケートやインタビュー、移住の支援策をはじめとした移住を検討されている方にとって必要な情報のほか、「食」をはじめとした町の魅力や、子育て環境の充実をはじめとした特徴的な取組などを発信する美幌町移住定住情報サイトは、2021年5月1日からのサイト開設に向けて、現在準備をしています。


HPのイメージ


11
美幌町移住定住情報サイトイメージ

施設整備の背景


北海道美幌町は、これまで町が所有する移住体験住宅1棟で、移住体験者を受け入れしていましたが、近年のリモートワークや地方移住のニーズの変化などから、令和3年に民間所有の空き家3棟(3棟全て築50年前後)を新たに移住体験住宅としてリノベーションしました。全ての住宅で、光回線の利用可能なWi-Fi設備、家電家具なども完備し、料金も光熱水費込みの料金設定となっているため、地方移住に迷われている方でも、気軽にお越しいただき、体験いただける環境です。また、今回民間事業者が整備した3棟は、1泊からご利用いただける民泊住宅、1カ月からご利用いただけるマンスリー賃貸住宅として、それぞれご用意しておりますので、長期体験・短期体験いずれのニーズにも対応し、更に法人様がサテライトオフィス等でご利用いただくことも想定しています。


北海道美幌町の概要


北海道美幌町は、北海道の東側、オホーツク地域の空の玄関口となっている「女満別空港」から車で15分、中心部から車で20分ほど走ると、別世界の景勝地「美幌峠」があり、車で1時間30分ほど走ると世界自然遺産にもなっている知床まで行けることや、人口1.9万人弱の町ではありますが、生活施設が半径2キロの中心地にまとまって揃っているため、都会と大自然とのアクセスや生活の利便性(住みやすさ)が両立した町です。また、全国有数の日照率の高さや降水量の少なさから、特に夏の過ごしやすさは、移住者や移住体験者からも高い評価をいただいています。


美幌町の移住定住サポーターが、地域住民とのパイプ役にもなりますので、移住体験をされた皆様にとって、より充実した移住体験ができるよう、心よりお待ちしています。


移住体験住宅の受付


ホームページ : 美幌町移住定住情報サイト


受付期間   : 2021年4月30日(金)まで


※令和3年度分の先行受付分となっておりますので、その後の予約については空き状況によって、随時受付を行います。


お申し込み方法: ホームページにアクセスしていただき、各住宅の紹介文の下にある「お申込みへ」より、必要事項を入力・送信していただければ 申込完了となります。


12
東1条南5丁目 移住体験住宅(民泊)
13
青山北 移住体験住宅(マンスリー賃貸住宅)

 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP