地元タウン誌がプロデュースする「瀬戸内・岡山の魅力」|備中松山城猫城主さんじゅーろーグッズ第1弾

地元タウン誌がプロデュースする「瀬戸内・岡山の魅力」|備中松山城猫城主さんじゅーろーグッズ第1弾

地域情報誌『タウン情報おかやま』『オセラ』の発行 、および「岡山のものづくり」をテーマにしたセレクトショップ「ハレマチ特区365」を運営する株式会社ビザビは、岡山県高梁市 備中松山城の“猫城主”として人気の「さんじゅーろー」オリジナルグッズを4月28日(水)に発売しました。


71


72


ビザビでは、1977年の『タウン情報おかやま』創刊から44年にわたり地域の魅力を届けてきました。また、「岡山のものづくり」をテーマにしたイオンモール岡山内のセレクトショップ『ハレマチ特区365 by タウン情報おかやま・オセラ』を通じて、地域で丁寧に作られたこだわりの逸品を届けています。今回はより多くの方に「地域の魅力」をお届けすることを目指してオリジナルグッズを企画・販売します。


今回、岡山県高梁市 備中松山城の“猫城主”として地元の方から旅行者まで幅広く人気を集める「さんじゅーろー」をテーマにしたオリジナルグッズ第1弾(4商品)を、4月28日(水)から同店舗およびECサイトにて発売します。備中松山藩と縁の深い玉島エリアの「玉島だるま虎製作所」や、猫の絵柄がかわいい地元のカフェインレスコーヒー専門店「KUROCAFE」 とのコラボレーションも実現。愛らしいさんじゅーろーの魅力を、地元で作られる「こだわりの逸品」とともにお届けします。


『備中松山城 猫城主さんじゅーろー』とは


「平成30年7月豪雨災害(西日本豪雨災害)」の際、『備中松山城』の三の丸で発見され、城に住み着くようになって話題に。その後、正式に猫城主に就任し人気者として、多くの観光客に愛される地元のマスコットになりました。


さんじゅーろーグッズ商品概要


さんじゅーろーだるま(税込980円)
製造:玉島だるま虎製造所


71


倉敷市玉島地区は、かつて備中松山藩の飛び領地として栄えた町。高梁と玉島は高梁川を通じて交流が盛んに行われていました。そんな歴史的に繋がりの深い地域の“縁起物”同士のコラボレーション商品です。


<製品仕様>
・サイズ:幅6.5cm×奥7cm×高さ8cm
・重量:50g
・原産国:日本
さんじゅーろーコーヒー(1個 税込194円)
製造:KUROCAFE(ノーイン株式会社)


73


創業75年の印刷会社が新規事業として展開中の、SNSに映える猫イラストのパッケージのカフェインレスコーヒー「猫珈(ねこ)」。この「猫珈(ねこ)」とのコラボにより、さんじゅーろー特別パッケージのカフェインレスドリップコーヒーが誕生。3種類の異なるパッケージで、愛らしい猫城主が楽しめます。同商品の売上の一部が「公益財団法人どうぶつ基金」にも寄付されます。


<製品仕様>
・内容量:10g
・原材料:コロンビア、エチオピア、ブラジル
・賞味期限:製造日から360日
・保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温保存
さんじゅーろーシール(税込150円)


75


<製品仕様>


・サイズ:横10.5cm×縦14.8cm(A6サイズ)
さんじゅーろーポストカード(1枚 税込198円)


79


<製品仕様>


・サイズ:横10cm×縦14.8cm(ハガキサイズ)

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP