SDGsを見据えたサステナブルな「えびせんべい」が登場

SDGsを見据えたサステナブルな「えびせんべい」が登場

サステナブルえびせんべいとは?


「サステナブルえびせんべい」はSDGs、とくに食品ロスについて美味しく考えてもらうためにつくられた、今までにないお菓子です。名古屋に本店を構えるえび菓子の「桂新堂」、カレーうどんの名店「若鯱家」、そして名古屋国際中学校・高等学校と共に共同開発しました。


食品ロスを持続可能な形で解決する


通常価格より安く商品を販売することも主な食品ロス対策になり得ますが、これだけでは持続可能な解決方法とは言えません。企業とユーザー、双方が嬉しい持続可能なモデルをを生み出す必要があるのです。


今回、桂新堂から出る「甘えびの頭」と、若鯱家から出る「うどんの端材」という、使いきれずにいた美味しい部分を使って、SDGs・食品ロスについて考えつつ、美味しさにこだわったお菓子をつくりました。これは企業とユーザー、両方にとって持続可能なビジネスモデルといえます。


また、企業だけで完結することなく、名古屋国際中学校・高等学校SDGs未来倶楽部「Sus-Teen!」のメンバーと一緒に議論を重ねることで、ただ商品をつくるだけでなく、未来を担う学生たちが社会的課題について考え、解決に近づく機会を設けることもできました。このお菓子をみなさんに好きになっていただいた分、地球は少しずつ良くなっていくと信じています。


63


64
SDGs未来倶楽部「Sus-Teen!」のメンバーたちとディスカッションする様子。

商品概要


サステナブルえびせんべい 12枚入1,404円(税込)


65


サステナブルえびせんべい 24枚入2,700円(税込)


66


販売店舗


桂新堂売場(松坂屋名古屋店、松坂屋豊田店、松坂屋上野店、松坂屋静岡店、大丸梅田店、大丸心斎橋店、大丸神戸店)、桂新堂オンラインショップ、
若鯱家各店舗、若鯱家オンラインショップ
大丸松坂屋お中元カタログ