Bluetoothスピーカー内蔵ポータブルターンテーブル「OCP-01」の展示よりスタート

Bluetoothスピーカー内蔵ポータブルターンテーブル「OCP-01」の展示よりスタート

株式会社蔦屋家電エンタープライズ(東京都世田谷区)が手がける、 日本初のネット時代の次世代型ショールーム「蔦屋家電+」(ツタヤカデンプラス)で、2021年6月7日(月)から、トランクをイメージしたシンプルでレトロなデザインのBluetoothスピーカー内蔵ポータブルターンテーブル「OCP-01」の展示がスタートします。


また「OCP-01」は2021年5月20日(木)から、CCC(TSUTAYA)グループ株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にてファンディングが開始されます。


91


「Onkyo Classic Series」は、オンキヨーのクラッシックロゴを使用したオンキヨーブランドの新たなシリーズ。オーディオの枠を超え、ファッションも含めた音楽ライフスタイルや楽しみ方を提案します。第一弾のBluetoothスピーカー内蔵ポータブルターンテーブル「OCP-01」は、昨今音楽カルチャー、ファッションの一部としてターンテーブルへの注目度が高まっているアナログレコード市場を背景に開発されています。


92


コンパクトなサイズながらステレオスピーカーを内蔵しています。内蔵スピーカーはBluetoothに対応しているので、スマートフォンなどからの音楽を再生することも可能です。レザー風仕上げのボックスに金属の留め具を施したシンプルでレトロなデザインで、使用しない場合はトランクのように立てて収納できます。レトロ感のあるソニックブルー、部屋のインテリアと馴染みの良いビンテージホワイト、クールでシックな印象のミスティックブラックの3色を展開です。


この「OCP-01」は蔦屋家電+とGREEN FUNDINGと連携し、ものづくりをワンストップでサポートする仕組み『GREEN PLAN』を利用し、2020年6月7日(月)より蔦屋家電+で展示開始。普段実際に体験することが難しいクラウドファンディング中のプロダクトを、ぜひその目でお確かめください。


"GREEN FUNDING"と提携しモノづくりを応援、ワンストップでサポートする「GREEN PLAN」


83


創り手(プロダクトメーカー)はクラウドファンディングで資金調達ができる「GREEN FUNDING」にプロジェクト起案することを条件に、従来は出展料が必要な「蔦屋家電+」のサービスを無料で利用することができます(※1)。これにより初期費用無料で資金調達からマーケティング活動(市場調査・PR・販売)までをオンライン、オフライン両方の環境を通じてワンストップで利用することができます。


95


近年、モノがあふれる時代において創り手にはこれまでにない特別なモノづくりへの挑戦が求められています。しかし一般流通までたどり着けるプロダクトはごくわずか。本サービスをモノづくりに携わるすべての人に提供することで、今まで埋もれてしまっていたユニークなアイデア・プロダクトを世の中に発信し、生活者に届けていきます。


※1 蔦屋家電+での展示期間は最大90日まで。プロダクト(プロトタイプ含む)の展示が必須となります。
※2 サービスのご利用には審査があります。あらかじめご了承ください。
※3 GREEN FUNDINGでプロジェクトが達成した場合のみ
※4 手数料を除く


「GREEN PLAN」を利用し蔦屋家電+に出展中のプロダクト


温度の移ろいを愉しむ酒器hiyakan


83


アイデアは、プロジェクトチーム全員が日本酒が大好きで、ワークショップで最も盛り上がったアイデアだったということもあり、hiyakanプロジェクトはスタートしました。そこからは、私が大好きだった能作さんにお声掛けして、試作作りをはじめ、國安は大好きな地元の銘酒を造る蔵元 土屋酒造店様にお声掛けして、自分達の大好きな日本酒を、大好きな酒器で、もっとおいしく呑みたいという想いから進めているプロジェクトです。(合同会社KISO)


アスリートに捧げる『筋膜リリースガン』O’Yeet NEX


97


O’Yeetの創業者であるHeavenはアマチュアボクサーそんな彼がアスリートのパフォーマンスをさらに高める製品を開発したいとの思いからスタートしました。 O’Yeetメンバーは陸上競技、ヨガ、ウィンタースポーツ等の様々なアスリート達が集結。 様々な声を聴きながら製品化を実現して行きました。(株式会社TORO TECH JAPAN)


世界初折り畳み生体認証バイクガード Ziilock


87


メーカーの開発チームは実は全員自転車を盗まれた経験があります。電気自転車をメイン事業としているメーカーはユーザーがどこでも楽しく安心してサイクリングを楽しめるようにZiilockを開発し、特に盗難が多いロンドンやカリフォルニアなどでも好評を得ています。(合同会社ホットジャパンズ)

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP