函館湯の川温泉・湯元啄木亭|大人には懐かしくて、子どもには新しい、おいしい揚げパンが登場

函館湯の川温泉・湯元啄木亭|大人には懐かしくて、子どもには新しい、おいしい揚げパンが登場

湯元啄木亭の朝のロビーに揚げパンが登場します。


「地域密着」をスローガンに掲げる啄木亭では、料理長大沢裕一をはじめとして「宿泊問わず、誰もが気軽に来てホテルの味を楽しんでもらえる方法はないか」と考え、今回「揚げパン」の販売を開始します。


種類は2種類で、ひとつはノーマルに砂糖を振りかけたパン(通年販売)。そしてもうひとつは中央に「あん」と「ホイップクリーム」をふんだんに乗せ、きなこパウダーを振りかけたパン(季節で変更あり)です。 数量限定で販売を開始したところ、初日から連日完売と好評を博しています。


販売にあたっては、地元のみなさんに向けてお知らせを配ったり、SNSにて告知をしたり。発売当日には揚げパンだけを買いに来た方もいました。Twitterには早速うれしい反応もあります。


お父さん・お母さん世代には、昔食べた給食を思い起こさせ、子供世代は珍しさを感じさせる揚げパンは、大人と子供、地域と啄木亭を結ぶ、「美味しいコミュニケーションツール」としても最適です。


71
※写真イメージ(あん&ホイップは半カットで販売)

開催日   2021年5月1日(土)より販売中
場所    湯元 啄木亭 1階ロビー
時間    午前9:00~11:00
料金    揚げパン150円 あん&ホイップパン250円(1/2カット)

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP