【後編】『生理休暇』を廃止?「性差別がなく、柔軟な職場への改革途中です」|株式会社SHIBUYA109エンタテイメント

連載 | フェムコト | vol.9 【後編】『生理休暇』を廃止?「性差別がなく、柔軟な職場への改革途中です」|株式会社SHIBUYA109エンタテイメント 代表取締役社長 石川あゆみさん

2022.05.09

『フェムテックtv』と、未来を作るSDGsマガジン『ソトコト』が新たに女性のウェルビーイング向上を目的として立ち上げた、対談コンテンツ『フェムコト』。今回は、「SHIBUYA109」の運営をはじめ、若者や地域を応援するさまざまな取り組みを行っている「株式会社SHIBUYA109エンタテイメント」代表取締役社長の石川あゆみさんへのインタビューの後編です。

>>前編はこちら「大切なものは人それぞれ。“こうあるべき”の思い込みを捨て、多用な働き方を実現したい

〈Profile〉
株式会社SHIBUYA109 エンタテイメント
代表取締役社長 石川あゆみさん
●愛知県豊田市生まれ。名古屋大学卒業後、通信事業や出版系企業などを経て、2008年に東急電鉄(現、東急株式会社)に入社。2021年4月より現職。2011年に長男を、2015年に次男を出産された二児の母でもある。

ー石川さんの3つのルールー
RULE1. 仕事もプライベートも同じように大事にする
RULE2. 家事・育児で「他の人の力も借りる」ことに罪悪感を抱かない
RULE3. 後輩たちに「自分にもできそうだ」と思われる働き方をする

男女ではなく「個々の価値観」を尊重する

フェムテックtv:前回は、SHIBUYA109が行った『#PERIOD_ACTIONウチらの声を、未来へ。』の取り組みや“理想の働き方”“育児と仕事を両立する方法”などに関して伺いました。そんな石川さんが考える“『女性が輝ける社会』とはどんなものだと思いますか?

石川さん:本当の意味での多様性が進んでいる社会ですね。それは、女性だけが特別に配慮されるのではなく、男性も女性も関係なく、一人一人の生き方や価値観が尊重されるべきだと感じています。

フェムテックtv:石川さんがおっしゃっていた『理想の働き方』に通じるところがありますね。

石川さん:そうですね。たとえば、「出産後は仕事をセーブしたい」という人がいてもいいし、「子供が生まれてもバリバリ仕事を続けたい」という人がいたっていい。「介護のため時短で働きたい」とか「結婚や出産はしない」という人だっているでしょうし、「趣味が大切だから仕事は定時まで」というライフスタイルだっていいのです。

みんなが「一人一人、考え方も大切に思っていることも違う」という前提で話すことで、誰にとっても働きやすい社会が実現できる気がするのです。そして、そんな社会こそが『女性が輝ける社会』なのではないでしょうか?

SHIBUYA109が一大ブームだった世代という石川さん。社長就任の辞令が出た時は、大きなプレッシャーを感じたそう

『生理休暇』の名称を変えた理由

フェムテックtv:そんな『多様な働き方』を理想として掲げている石川さんが、現職に就任以降に行った社内の取り組みがあれば教えてください。

石川さん:それが「多様な価値観を認め合うこと」を会社の制度として取り入れることは、実はすごく難しいことなのだと、今の立場になって実感しています。ですから、できることから少しずつ、今は社員の皆さんと話し合いながら進めている最中なんです。

たとえば、「生理休暇という名前はどうなのだろう?」という意見が社内から出たことがありました。たしかに『生理休暇』という名称だと、女性社員しか申請することができません。「でも生理以外にも急な不調ってあるよね」という話になったのです。

フェムテックtv:たしかにそうですよね。それに『生理休暇』という名称だと、「男性上司には申請しにくい」と話す女性もいます。

石川さん:そのため弊社では、今年の4月から『生理休暇』を『ヘルス休暇』という名称に変更しました。『ヘルス休暇』は、もちろん男性も申請することができ、急な体調不良の際には男女問わず取得することが可能です。

フェムテックtv:名前ひとつで誰もが使いやすくなる素敵なアイデアですね。他にも何か着手されたことはありますか?

石川さん:育児や介護、不妊治療などを行いながら働いている社員が、勤務時間の途中から在宅で働くことができる制度も導入しました。完全在宅制度やフレックス制度がある会社からみると、弊社はまだまだでしょうが、男女ともにできる限り柔軟な働き方ができるよう、これからも努力をしていきたいです。

フェムテックtv:女性だけに特化した制度ではなく、男女平等な制度に変わることで、女性もより取得しやすいのかもしれませんね。

社員の男女比は割合は5:5

『社会との繋がり』を感じられる居場所作りを

フェムテックtv:最後に、石川さんが思い描く『ウェルビーイングな社会』とはどういったものなのかを聞かせてください。

石川さん:「誰もが自分らしくいられる社会」です。どんな意見も価値観も受け止められやすい、寛容な社会が理想ですね。また、自分の周りの人や大切な人たちが、孤独を感じることなく笑顔でいてくれたら嬉しいです。

フェムテックtv:人々が孤独を感じることなく自分らしくいられるためには、何が必要でしょう?

石川さん:どんなコミュニティでもいいので、『自分がそこに居る意味』や『社会との繋がり』を実感できる場所が必要なのではないでしょうか? SHIBUYA109も、訪れてくれる誰かにとって、そんな場所であれたらと考えています。

フェムテックtv:SHIBUYA109はコミュニティスペースでもあると?

石川さん:そうですね。いつの時代の若者たちにとってもワクワクするようなコミュニティスペースであって欲しいと願っています。ファッションやエンターテインメントを通して、SHIBUYA109に来ること自体が『表現方法のひとつ』であり『社会と繋がれる場』となれるよう、これからも努力を重ねていきたいですね。

フェムテックtv:「あそこにいけば自分らしくいられる」と思わせてくれる場所だからこそ、時代を超え、若者たちに愛されのかもしれませんね。今日はありがとうございました。

フェムテックtv
株式会社ツインプラネットが運営するフェムテック情報共有サイト。《毎日をイキイキと、自分らしく過ごす》ため、《自分のカラダについての“知らなかった”をなくす》ことを目的に、女性の健康に関するコンテンツを公開しています。
https://femtech.tv/

小嶋美樹(こじま・みき)●編集者、ライター、ディレクター。大学卒業後、出版社に勤務し、女性誌や実用書・ビジネス書の編集、WEBディレクターなどを経て、2020年からフリーランスに。現在は主にインタビュー記事や女性のライフスタイル・子供の教育系記事の執筆、韓国エンターテインメント記事の編集・執筆など行う。趣味は旅行で、今一番欲しいものは子供たちと日本中を旅して回れるキャンピングカー。