『Studio

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『Studio Tokyo West』代表/建築家|瀬川 翠さんが選ぶ、道の駅をつくる本5冊の選書 1〜2

2021.11.23

(左から)1.『小さな矢印の群れ ─「ミース・モデル」を超えて』/2.『ビジネス・フォー・パンクス』

1. 小さな矢印の群れ ─「ミース・モデル」を超えて

空気、光、人などの流れを「小さな矢印の群れ」として捉える、小嶋さんの思考と実践をまとめた一冊です。道の駅に限らず、人が流動と滞留を繰り返す場所なら、その特性上、とても参考になる視点だと思います。

書籍情報
著者:小嶋一浩
出版社:TOTO出版
発売日:2013/11/20

2. ビジネス・フォー・パンクス

道の駅に限らず、何かをつくるときに、どこまで個性を入れていいのかは悩ましい問題だと思いますが、そういうときに「自分らしくいけよ!」と、気持ちをぐっと後押しをしてくれる本です。

書籍情報
著者:ジェームズ・ワット著、高取芳彦訳
出版社:日経BP社
発売日:2016/9/5

photographs by Yuichi Maruya text by Pijio Kobayashi

記事は雑誌ソトコト2021年11月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。