『陽と人』代表|小林味愛さんの選書

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『陽と人』代表|小林味愛さんの選書 1〜2

2022.01.19

(左から)2.『近所の地球』/1.『社会派化粧品 ─social cosmetics』

1. 社会派化粧品 ─social cosmetics

現地の素材を使った全国17の化粧品ブランドが紹介されています。地域資源の活用という点で農家の方や、農家の方と何かをつくりたい人の参考になると思います。「明日 わたしは柿の木にのぼる」のことも載っています。

書籍情報
著者:萩原健太郎
出版社:キラジェンヌ
発売日:2019/5/10

2. 近所の地球

目の前のことをがんばればがんばるほど、具体的な部分に思考が偏ってしまうのですが、鈴木さんの作品は広い概念でものごとを捉える視点に引き戻してくれます。数年前に買ったものですが、今でもたびたび開いている本です。

書籍情報
著者:鈴木康広
出版社:青幻舎
発売日:2015/4/23

photographs by Yuichi Maruya text by Ikumi Tsubone

記事は雑誌ソトコト2022年1月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。