『イバフォルニア・プロジェクト』事務局|小池伸秋さんの選書

特集 | 有識者たちが選ぶ未来をつくる本|サスティナブル・ブックガイド | 『イバフォルニア・プロジェクト』事務局|小池伸秋さんの選書 1〜2

2022.03.12

(左から)1.『な熱海の奇跡─いかにして活気を取り戻したのか』/2.『地元がヤバい…と思ったら読む凡人のための地域再生入門』

1. 熱海の奇跡─いかにして活気を取り戻したのか

「衰退した観光地の代名詞」でもあった静岡県熱海市。Uターンした著者はゼロからまちづくりに取り組み、ビジネスの手法を活用した再生について、経験に基づいて語った本です。熱海と阿字ヶ浦は似た要素も多く、参考になりました。

書籍情報
著者:市来広一郎
出版社:東洋経済新報社

2. 地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門

Uターンした主人公が地域再生のためのプロジェクトに取り組む、というストーリーを小説仕立てで描いています。地方のリアルと成功のコツを物語に落とし込み、ローカルプロジェクトが直面しがちなリアルな問題が多く登場します。

書籍情報
著者:木下 斉
出版社:ダイヤモンド社

記事は雑誌ソトコト2022年3月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。