昔ながらのラーメンザンギ定食「旭川ラーメン 天山」【北海道ローカルラーメン】

昔ながらのラーメンザンギ定食「旭川ラーメン 天山」【北海道ローカルラーメン】

2022.10.22

北海道札幌市東区、中心部から少し外れ、新道を超えたあたりにひっそりとたたずむ、黄色い看板。 それが「旭川ラーメン 天山」です。 近隣住民から愛されている地元密着タイプのお店で、昼間や夜は近くで働く男性たちで席が埋まります。 また、そのボリュームから食べ盛りの若者が食べにくる姿も多数みられました。 天山の特徴は、札幌ラーメンならぬ旭川ラーメン。 そして定食はマンガ盛りといわれる超大盛のご飯がついてくる、味も量も大満足なお店です。 そんな、地元住民に親しまれている「旭川ラーメン 天山」の味に迫ります。

旭川ラーメン天山は、篠路通りにひっそりとたたずみ、看板を見逃すと、車では通りすぎてしまいそうな、小さな町中華屋さんです。

北海道といえば豚骨ベースの味噌がメインの札幌ラーメンが有名ですが、豚骨、魚介、野菜ベースの醤油がメインである旭川ラーメンも有名で、札幌よりも比較的すっきりとしたスープが特徴です。

そんな旭川ラーメンと、マンガ盛りともいわれる、大盛りの定食を提供する町中華屋さんを紹介します。

旭川ラーメン 天山の外装

天山の外装
ラーメン天山の外装。黄色い看板が目印。

黄色い看板が目印ですが、道路沿いではなく、駐車スペースを挟んで店舗があるため、車で走っているとわかりづらいです。

駐車場は大体10台ほど停車できるスペースがあります。

旭川ラーメン 天山のラーメン

ラーメン定食(ザンギ 肉増し +200円)
ラーメン定食 ザンギ 肉増し 1,200円

おすすめのメニューは、ラーメン定食。

天山はラーメン以外にも、トンカツ、豚肩ロース、しょうが焼き、ザンギといった通常の定食があり、ラーメン定食にすると、各定食の味噌汁がラーメンに変わります。

天山の醤油ラーメン
天山の醤油ラーメンはシンプルかつすっきりとしたスープが特徴。

味は濃い目でご飯とよく合う。

私が今回頼んだのはラーメン定食のザンギ。(肉マシ+200円)

天山自慢の旭川ラーメンはシンプルですっきりとした塩分の強い、昔ながらの醤油味です。

ネギとメンマとチャーシューという王道の組み合わせで、味が濃くご飯がすすみます。

シンプルな醤油味でありながら、美味しいラーメンでした。

ザンギ
醤油ベースの味がしっかりと付いたザンギ。
ボリュームたっぷりで、こちらもご飯が進む。

ザンギは、醤油味が強めのザンギで、衣はカラッと強めに揚げられたザクザク系。

衣は固めでありながら、中の肉は柔らかく、ジューシー。

ご飯が進む、美味しいから揚げです。

また、下にはキャベツとマヨネーズと目玉焼きがトッピングされています。

この一皿だけでもお腹がいっぱいになるほどの大ボリュームです。

ごはん普通盛り
ごはん普通盛り。普通盛りだが普通のお店の基準で言えば大盛り。

また、この画像のご飯は普通盛りです。
このご飯の量もかなり多いのですが、+200円でさらに大盛にできます。

ごはん大盛のラーメン定食(ザンギ ご飯増し肉増し+400円)
ラーメン定食(ザンギ ご飯増し肉増し+400円)
ご飯は倍ほどの量になり、マンガ盛りと呼ばれている。

その画像がこちらです。

ご飯の存在感がすごいのが伝わるでしょうか。

マンガ盛りといわれている理由がよくわかります。

大盛りご飯を横から見た様子
大盛りご飯の高さは一味唐辛子を軽く超える。

横から見るとこんな感じ。

普通盛りの倍はあろうかというほどの高さがあり、密度もすごいです。

多少大食いに自信のある筆者でギリギリだったので、大食いに自信がある人は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

旭川ラーメン天山を紹介しました。

20年以上続く老舗であり、店主も2代目に代わった現在でも、常連さんに愛されているお店です。

他店では味わえないボリューム、そしてラーメン以外も楽しめる定食はお腹いっぱいに食べたい方にうってつけだと感じました。

もし近くに立ち寄った際は、ぜひ一度食べてみてください。

店舗情報
旭川ラーメン天山 北40条店

住所:〒007-0840
北海道札幌市東区北40条東7丁目4-17

電話番号: 011-712-1030
営業時間: 11:00~21:00
定休日 : 毎週火曜日 (営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、事前に店舗へご確認ください。)

(文:翌檜