災害時でもガッツリ食べたい!大盛りカップラーメンを水で戻して食べてみた。

災害時でもガッツリ食べたい!大盛りカップラーメンを水で戻して食べてみた。

9月6日の夜から7日の朝にかけて、大型の台風10号が九州に直撃。
メディアの報道や周りの雰囲気から危険を察知して、ぼくもさすがに対策・避難を試みました。


こんな時、「何日間分の備えをしていたらいいのか?」と不安になります。
台風自体はいずれおさまるものの、もし停電したら?断水したら?
復旧するまでに2〜3日かかるかも…と、考え出したらキリがありません。


特に、食事をどうするべきか悩みました。
コンビニも閉まるという知らせを受けて、パン類がそこら中で完売していました。


そんな時にわがまま言うなよ!と怒られるかもしれませんが、
ぼくは働き盛りの20代。お腹が空いたらガッツリ食べたくなるんです。ごはんは大事。


というわけで、災害時でもしっかりお腹を満たしたい!食べ応えのあるものがいい!を叶える食事法を試してみました。


ガッツリ系のカップラーメンが食べたい。


ごつ盛り・ワンタン醤油味


カップラーメンです。うん、これなら満足しそう。
お湯が用意できないなら食べられないよな…と今まで諦めていましたが、なんと、水でも麺を戻せるんです。
警視庁警備部災害対策課』のtwitterアカウント(@MPD_bousai)でも紹介されています!


この大きさで、カップの内側の線まで必要なお水の量は530cc 。
一般的に自動販売機などで売られているペットボトルの水は500〜550ml程度だと考えると、多少の増減はあるもの、ちょうど1本あれば足りそうです。
また、警視庁のアカウントでは15分とあったので、それよりも少し大きめなカップ麺で30分待ってみることにします。


ごつ盛とお水
家にあった計量カップでは、目盛りいっぱいと少々。

まずは、いつものように蓋を開けて、中に入っている小袋を取り出します。
粉末スープの袋を麺の上に開けて、水を注ぎました。


粉末スープを入れて、水を注ぐ


ここで大事なことに気付きました。
後入れの液体スープ…、よくある「蓋の上で温めてください」のやつでした…!


液体スープ
どうしよう…。

この場合、真に受けて本当に蓋の上に置いても意味がないですよね。お湯で温まる想定なので。


考えてみた結果、とりあえず、麺が戻るのを待つ30分間はカップの底に敷いてみました。
お湯による熱はないけども、これなら放置するよりは少しはマシ気がします。気持ちの問題でしょうか…。


水を入れて待つ。
ちゃんと溶けてくれますように…。

出来上がりを待つこと30分。蓋を開けるとこんな感じでした。


30分待って、蓋を開ける


粉末スープもちゃんと溶けています。ワンタンも柔らかくなってそう!
それから、液体スープも開けてみます。


液体スープを入れてみる


普通にサラサラと入れることができました。固まっていてドロドロ!なんてことは全くありません。
とりあえず一安心です。それでは、よく混ぜて食べてみましょう…!


カップ麺を食べてみる


うん、おいしい!


麺もワンタンも全然硬くありません。ちゃんと食べられます。
温かくはありませんが、冷たいということもないですね。
今の季節なら、これで体が冷えてしまう…ということも無さそうです。


若干スープを吸っていたようなので、ほんの少し時間を短くしてもいいかもしれません。
ただ、ちょっと脂が溶けきっていないかな?というのが気になる点でした。


これなら、災害時にガッツリ系のカップラーメンが食べたくなっても、
粉末スープ・液体スープを使うものでも、問題なく食べられそう。


お腹が減ってはどうしようもありません。
不安な夜でも、お腹いっぱい食べれれば、ほっと一息満たされます。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP