東京ローカルのおいしいチャーハンがたべたい|ハルチャー

東京ローカルのおいしいチャーハンがたべたい|ハルチャー

ローカルにある町中華の違いを楽しむ


いろんな飲食店があるが、地域にかならずあるのが、食堂的な「中華料理屋」。


最近は「町中華」などと呼ばれている。どこもだいたいカウンターとテーブル数個がほとんどだ。


食堂的な感じからか、地域の方々の集まる場所にもなっている。昼はその周辺で働く方々のランチスポット。


ランチはとくに店ごとの並んでるメニューを見ても、どれも同じに見える。


ただ、実際に頼んでみると、店ごとのこだわりや違いがわかって面白い。


今日はチャーハン


今日のチャーハンはハルチャー。


ハルチャー


変わったチャーハンを見つけたので、のぞいてみた。


チャーハンと春雨のそぼろ肉と炒めたものが一緒にのっている。


いざ食べてみると、春雨のピリ辛感がチャーハンと混ざって、おいしい。


チャーハンだけでもおいしいし、春雨だけでもおいしいが、混ぜながら食べてもなおおいしい。


町中華はどの店もちょっとした工夫やちょっとしたお店独自のメニューがあるので面白い。


食べ終わった頃には、しっかり体も温まって帰り道はそこまで寒くない。


まだまだ開拓しよう。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP