東京ローカルのおいしいラーメンがたべたい|チャーシューそばと半チャーハン

東京ローカルのおいしいラーメンがたべたい|チャーシューそばと半チャーハン

地域で愛される、中華料理中心の大衆食堂、「町中華」。駅前だったり路地裏だったりいろいろな所にあって、その地域の方々のランチスポットになっている東京ローカルの「町中華」のおいしいごはんを紹介します。

今日の町中華は神田小川町にある「萬龍」


新御茶ノ水駅の近くにある「萬龍」さん。大きな餃子やチャーシューエッグ、もやしそばが食べられるお店だ。


お店の佇まいはカウンターが中心で、テーブルもある。ランチ時には多くの方で賑わっている。


今日は、ベーシックな組み合わせを頼むことに。


今日はチャーシューそば。


今日は「チャーシューそばと半チャーハン」だ。


チャーシューそば


チャーシューそばはマー油なのか、スープは黒さが目立つが香ばしいしコクがある。


チャーシューにネギ、ナルトがのっている。


このチャーシュー、びっくりするくらいトロトロだ。これは他の店のチャーシューメンのチャーシューとはちょっと違う。


チャーシューエッグがおいてったりと、チャーシューが特徴的なんだろう。


これはまた次も頼んでしまいそうだ。


そしていつもどおり途中途中で半チャーハンを食べる。ここのチャーハンもパラパラでほんとおいしい。


そしてまたチャーシューそばに戻る。マー油の香ばしさが後を引く。スープがおいしい。


そして完食。


このラーメンをそばと言うところが、昔ながらのお店感を感じる。


次は他の麺類を頼んでみよう。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP