おいしいご当地ラーメンがたべたい|秋田のあさり醤油ラーメンと半チャーハン

おいしいご当地ラーメンがたべたい|秋田のあさり醤油ラーメンと半チャーハン

ローカルごとの違いがあるご当地ラーメン


各地域にある◯◯ラーメンと言われるご当地ラーメンには、それぞれ違いがある。醤油だったり味噌だったり豚骨だったり、ベースはスタンダードでも、その地域地域で少しずつ変わっていって、今の形に落ち着いている。トッピングだったり味だったり、その発展の形はそれぞれだ。


また、おもてなしだったり、テーブルの上の付け合せなどもその地域ごとに違いがあるからおもしろい。


今回は秋田のご当地ラーメン


これは秋田駅近くの「末廣ラーメン本舗」さんでいただいた、あさり醤油ラーメン。


あさり醤油ラーメン


醤油ベースのラーメンに、あさりが入っている。


このお店は京都の「新福菜館」が発祥で、このお店独自の発展をしたらしい。


上にのっているのは、チャーシューとナルト、アサリ、そしてネギ。


スープはいつも口にする醤油ラーメンとちょっと見た目も異なっている。口にすると、あっさりした醤油系と異なり、コクがすごい。


アサリのエキスも入って、あっさりというより、油系ではないこってり感がある。これはおいしい。


チャーシューもバラ肉なのか、肉の感じと脂身のバランスが良い。


ネギはカップに入って出てきて、好きなだけ入れられる。


チャーハンは「新福菜館」が発祥なだけあって、色が濃く、味も深い。


ラーメンも食べ進めるにつれて、スープにアサリのダシが混ざって味が濃くなっていく。


この組み合わせはすごくよい。


ローカルにはローカルで独自の進化をしたごはんが多い。


秋田に来る際は、また訪れたい。