東京ローカルのおいしいラーメンが食べたい|歴史ある排骨担々麺

東京ローカルのおいしいラーメンが食べたい|歴史ある排骨担々麺

ローカルは食の宝庫だ


ローカルは食の宝庫だと思う。その地域でしか食べられないものや、その地域の方向けの食べ物がよく店に並んでいる。


鮮度的にどうしても遠方へは運べない場合や、その地域ではメジャーだけど全国区では知られてない食べ物、数が確保できない食べ物もある。


それ以外にも、その地域独特の作り方などの料理もある。


そして、その地域で昔から食べられているものには、ストーリーもある。


ローカルを知るには食を知るのが一番だ


今回は東京は渋谷にある「Renge no Gotoku」さんの排骨担々麺。


排骨担々麺


このお店は、渋谷の桜ヶ丘にある。訪れてみるとまだ新しいお店だ。


ただ、よく調べてみると、昔渋谷のガード下にあった「亜寿加」さんが渋谷の再開発で閉店した後こちらで味を引き継いだとか。


「亜寿加」さんは何度も通っていたので、とても嬉しい。


薄い衣でカラッと揚がった排骨は香ばしく、青梗菜ものっている。


スープ自体はこってりではなく薄味なのだが、ねりゴマや酸味が効いていて辛味もありとてもマッチしている。


そして、サービスの小ごはん。卓上の高菜も一緒に食べる。


食べていると、「亜寿加」さんでご飯を食べていた頃を思い出す。


当時と比べると、渋谷駅周辺もだいぶ風景が変わったが、このように引き継がれるものもある。


新しいまちに何ができるのか楽しみだ。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP