MENU

地方

ダイヤモンド、パール富士を千葉県で。海越しに富士山を堪能できる場所教えます!

  • URLをコピーしました!

千葉県内から、美しく迫力のある富士山が望めることをご存じでしょうか? 「ダイヤモンド富士」と呼ばれる富士山頂に沈む夕日を撮影するために、千葉県を訪れる人たちがいます。どこで、どんな写真を撮ることができるのか、南房総で写真を撮り続けているカメラマンに聞いてみました。千葉を訪れる前にこれを読めば、あなたも美しい富士山の写真を撮ることができるかも?                                                

写真:富津市マザー牧場からのダイヤモンド富士と、右側に東京湾観音               
写真提供:小宮晃

目次

夕やけに染まる空に浮かび上がる富士山

国土交通省が選定した「関東の富士見百景」には、船橋市、館山市、木更津市、富津市、南房総市など千葉県内からも多くの場所が選出されています。南房総エリアからは海越しに富士山を見ることができ、夕やけに染まる空に浮かび上がる富士山を堪能できます。
南房総市原岡桟橋(岡本桟橋)

南房総市原岡桟橋(岡本桟橋)

全国でも数少ない木製の桟橋がある南房総市「原岡桟橋(岡本桟橋)」と、海の向こうに浮かびあがる富士山 写真提供:小宮晃
天候で昼間に富士山が見えていなくても、夕暮れどきに富士山が浮かび上がることがよくあります。富士山が見えないからと早々に諦めることなく、夕日が沈むころに富士山が見えないかチェックしてみてください。
館山市洲崎神社浜鳥居からの富士山

館山市洲崎神社浜鳥居からの富士山

館山市洲崎神社浜鳥居からの富士山 写真提供:小宮晃

ダイヤモンド富士はいつ、どこで見られる?

館山市見物海岸で撮影したダイヤモンド富士

館山市見物海岸で撮影したダイヤモンド富士

館山市見物海岸で撮影したダイヤモンド富士 写真提供:小出一彦
南房総エリアをフィールドに、美しい夕日や満月の写真などを撮り続けている小出一彦(こいでかずひこ)さんは、地元の新聞でも「夕日の小出」と称され活躍しています。小出さんに、ダイヤモンド富士の撮影時期と場所について聞いてみました。

小出さん「ダイヤモンド富士は、朝日が富士山頂に出てくるときや夕日が富士山頂に降りるときに見られます。南房総では夕日のダイヤモンド富士で、4月下旬の鋸南町(きょなんまち)からだんだん南下し、館山湾は5月中旬、6月初めの白浜根本海岸まで見ることができます。これとは逆の北上が7月上旬の白浜根本海岸から始まり、鋸南町の8月中旬まで続きます。人気のスポットは、桟橋のある富浦町原岡海岸や北条海岸です」

富士山が見える場所で天候がよければ、冬至から夏至に向かう時期と夏至から冬至に向かう時期の年に2回、ダイヤモンド富士を見られるチャンスがあるということです。

富津市浜金谷の恋人の聖地「幸せの鐘」

富津市浜金谷の恋人の聖地「幸せの鐘」

富津市浜金谷の恋人の聖地で「幸せの鐘」を鳴らす女性 写真提供:小出一彦
小出さん「富士山に近いと太陽や月が小さく見えます。逆に富士山に遠いと太陽や月が大きく見えるので、南房総から見る富士山の眺めはちょうどいいバランスだという人もいます」

たしかに南房総から眺める富士山には迫力がありますし、そこに沈む太陽や月は、富士山に対して小さすぎることもなくきれいに見えます。考えたこともありませんでしたが、見る場所が変わればこのバランスもまた違って見えるのですね。

次のページでは、美しいパール富士の写真とともに「パール富士の撮影は難しい?」を紹介します。

「パール富士」の撮影は難しい?

鋸南町(きょなんまち)吉浜海岸で撮影したパール富士

鋸南町(きょなんまち)吉浜海岸で撮影したパール富士

鋸南町吉浜海岸で撮影したパール富士 写真提供:小出一彦
小出さん「パール富士は、富士山頂に満月が昇ったり沈んだりするときですが、時間が早いと富士山が暗かったり、逆に遅いと月が消えてしまいます。富士山も月もよく見える日の出の前後がいいのですが、天候の問題もありチャンスがあるのは年に2~3回と言われています。その上、見える場所の特定が難しいです」

ダイヤモンド富士やパール富士を撮っている知り合いがいたら、日時や場所を教えてもらうのも手だと言う小出さんからのアドバイスは、「ダメ元で見に行くことですね」とのこと。素晴らしい一枚の写真を撮るためには、多くの時間と労力が注がれていることが想像できます。

南房総エリアでダイヤモンド富士や星空写真などを撮影している小宮晃(こみやこう)さんは、パール富士について「月齢や時間、気象条件がそろったときにだけ見られる光景」だと言います。

富津市漁師料理かなやからのパール富士

富津市漁師料理かなやからのパール富士

富津市漁師料理かなやからのパール富士 写真提供:小宮晃
小宮さんが撮影前に確認しているサイトは、「国土交通省関東地方整備局」のサイト内にある「関東の富士見百景」のページです。
参考:国土交通省関東地方整備局<関東の富士見百景>

次に月の入り時刻の確認と、月の入り山頂周辺の明るさを予想するために日の出時刻の確認。富士山方向(小田原・御殿場周辺、富士河口湖町周辺)の天気予報の確認、テレビやネットでの気象情報の確認に加えて、GPV気象予報でも確認しているとのこと。月の入り場所は太陽と違って、毎年違うから特定するのが難しいようです。

観光メインで富士山はおまけ?

ダイヤモンド富士やパール富士が無理だったとしても、美しい富士山を眺められる確率は高いですし、南房総には富士山以外の観光ポイントがたくさんあります。

先に紹介した木製の桟橋がある南房総市の原岡海岸や、大房岬自然公園、館山市にある渚の駅、城山公園、鋸南町と富津市の間にある鋸山などは、富士山が見えなくても楽しめる場所です。もちろん、天候や条件によっては富士山が見えるポイントでもあるので、観光を楽しんだついでに富士山の絶景が見られればラッキーなのではないでしょうか。今回が無理だったらまた次回、千葉県に通って四季折々の富士山を楽しんでみてください。

館山市大戸からのパール富士と館山城

館山市大戸からのパール富士と館山城

館山市大戸からのパール富士と館山城 写真提供:小宮晃
千葉県公式観光物産サイト「まるごとeちば」でも、千葉県内で見られるダイヤモンド富士の場所と時期が紹介されています。観賞時期が2月の場所も載っているので要確認です!
参考:千葉県公式観光物産サイト「まるごとeちば」
写真:小出一彦、小宮晃 ※順不同
文:鍋田ゆかり
取材協力:小出一彦、小宮晃

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

関連記事

  • 日本オムニチャネル協会
  • NFT、DAOにメタバース。“ソトコト的” Web3.0な取り組みと展望を紹介

ソトコト最新号

2023年11月号

【特集】続・道の駅入門

【特集】続・道の駅入門

購入はこちら