富山県・立山町 山登りで育む、郷土愛と勇気。

連載 | SUSTAINABLEDESIGN | 富山県・立山町 山登りで育む、郷土愛と勇気。

 10月中旬、「挑む!! ちびっこ登山チャレンジ10000mとやまを登ろう」という企画に参加し、娘と息子と一緒に、富山県の立山町にある尖山に登った。これは、富山県民で初めてエベレスト登頂を果たした登山ガイドの佐伯知彦さんと共に、県内の小学生が12の山々を登り、1人1万メートル分の登頂を目指す企画だ。参加は回ごとの申し込み制で、子どもの参加費は無料。クラウドファンディングで資金を集めた。


 佐伯さんは、企画について「新型コロナウイルスの影響で気持ちが沈みがちな子どもたちを元気づけたい。地元の山を巡り、自然や歴史、文化にふれ『富山ってよいところだな』と感じてほしい。また、登山を通し、挑む楽しさや達成する喜びを伝えたい」と、熱く語ってくれた。


 尖山では湧き水を飲み、川の魚を探しながら山頂を目指した。夢のような時間だった。登山からの帰り道、満面の笑みで「次の山登りも楽しみ!」と話す我が子の姿に、佐伯さんの想いが伝わっていると確信した。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP