住まいが変わると、子どもの「こだわり」が変わる。

連載 | 田舎と田舎の二拠点生活 | 36 住まいが変わると、子どもの「こだわり」が変わる。

「新型コロナウイルス」の感染拡大防止のために、二拠点の移動を控えていたが、11月なかばに4か月ぶりに幡豆に戻った。


 秋になると感染者がわずかに減って空気が和らぎ、「Go To トラベル」の後押しで人々の往来にも少し慣れた空気感が漂っていた。それに冬になれば再び感染者が増えて、ますます行き来しにくくなる可能性がある。「今を逃したら春まで娘と夫が会えなくなるかも」と、思い切って踏み切った。


たくさんある娘の「お気に入り」を、どれだけ運ぶか。


 前回幡豆にいた時、娘はまだ1歳。わがままを言いつつも、家族が与えるものごとをそれなりに受け入れていたが、2歳になると自己主張が強くなってなに譲らないことが多くなった。おもちゃ、絵本、CD、飲食物。娘の「これが欲しい!」はコロコロ変わるので無数あり、予測するすべてを幡豆に運送するとなれば、平均荷物量の2倍以上の量になる。だからといって、幡豆で同じものを買うのもお金がかかる。


 どうしよう......と考えた結果、お気に入りトップ5のもの。それも、手荷物で無理なく持てる比較的小さなものだけに絞ることにした。娘のこだわりっぷりを知る私の母は、「これもあれも必要」と説得してきたが、今回はこの量でチャレンジ。


小豆島での「お気に入り」が、 幡豆では必要なくなる。


 結果.........。なんと、幡豆では持って行った「お気に入りトップ5」にまったく興味を示さない! 私が誘っても無視し、幡豆の家に置いてあるおもちゃで遊ぶ。小豆島に置いてきたものも求めない。さらに、小豆島では本人のこだわりにより、日常の9割以上の飲み物が「豆乳と牛乳を合わせて温めたもの」だが、なぜか幡豆では求めない。


 では、幡豆から小豆島に渡った時はどうかというと、小豆島の家に帰った途端、「豆乳と牛乳! ももたろうの歌!」と、幡豆では一切出てこなかった要望をする。そして、やっぱり幡豆で好んでいたものを小豆島では求めない。


 なぜだ......。家にある物や人、時間の流れによって連想する「欲しい」が変わるものだろうか……? 確かに、私も小豆島にいる時は、娘が寝た後に「ジンジャーソイミルクティー」を飲むのが習慣だけれど、幡豆にいる時は、ほうじ茶好きの夫と毎晩ほうじ茶をっていた。


 あくまで勝手な推測だが、娘は単に理不尽にわがままを貫き通しているのではなく、この家、このみんなと過ごす、この一瞬が最高になるよう常に追求し続けているのかもしれない。そして、親側から子どもを取り巻く環境を変えれば、本人の求めるものも変化し、いろんな可能性が見えてくるかもしれない。


ある日の夫婦


 夫婦共々、「corezo(コレゾ)賞」を受賞。『一般財団法人コレゾ財団』が「コレゾ」と思ったホンモノのつくり手・担い手を結び、子どもたちの世代に繋ぐ賞で、私たちは、「コレゾ『自然農×米×大豆×糀×味噌×醤油ソムリエール=新しい化学変化を生み出す夫婦発酵旅』賞」という長い名前の賞をいただいた。これからも、新しい“化学変化”を生み出す夫婦を目指し、楽しみながら頑張ります!

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP