【先行販売】焦がしバターに誘惑される悩殺チーズケーキ「CAORU

【先行販売】焦がしバターに誘惑される悩殺チーズケーキ「CAORU CHEESE CAKE」

2022.05.13

大阪北新地「capi」のミシュランシェフ小川大喜が、焦がしバターが薫る新感覚チーズケーキ「CAORU CHEESE CAKE(カオルチーズケーキ)」の販売を 5/9 (月) 開始しました。 小川がスイーツをプロデュースするのは今回が初めて。

バターの匂いが特徴的なバスクチーズケーキ

現在クラウドファンディングで発売中です。(ソトコトオンライン編集部)

[ URL ] https://www.makuake.com/project/caoru_cheese_cake
[ 販売期間 ] 2022年5月9日(月)17:00〜6月29日(水)18:00

カオルチーズケーキ3つの特徴

1、わずか10か月でミシュラン獲得のシェフが、たった0.1gにまでこだわった「薫りの黄金比率」
2、焦がしバターの誘惑に注意!芳醇なのに香ばしい、この上なく薫り高いバスクチーズケーキ
3、フォークが止まらない!奇跡の美しさを誇る「しっとり〜なめらか」の食感グラデーション

CAORU CHEESE CAKE(カオルチーズケーキ)の薫りの正体は、生地にたっぷりと織り込まれた焦がしバターです。

ほのかな薫りをイメージしたペールカラーのパッケージ
美しき食感グラデーション

CAORU CHEESE CAKE(カオルチーズケーキ)は、温度1℃、湿度1%にまでこだわって丁寧に火入れしています。おかげで、外側はしっかり食感で、中心にいくにつれクリーミーでなめらかな食感に。

焦がしバター一粒一粒が薫る

焦がしバターの薫りに誘惑される悩殺チーズケーキ、その名も【CAORU CHEESE CAKE(カオルチーズケーキ)】を生み出したのは、大阪の高級飲食店街・北新地にイノベーティブレストラン「capi(カピ)」を構えるシェフ小川大喜です。

この情報のまとめ

・ミシュランシェフが作ったバスクチーズケーキ
・焦がしバターの薫りが特徴
・現在クラウドファンディングを実施中