【海について考える3週間】5月22日「国際生物多様性の日」から!熱海の海で獲れたいろんな魚と出会う!

【海について考える3週間】5月22日「国際生物多様性の日」から!熱海の海で獲れたいろんな魚と出会う!

2022.05.24

熱海の海を起点に、海の学びを深める機会作りを行う「熱海千魚ベースプロジェクト」は、国際生物多様性の日である2022年5月22日(日)〜6月12日(日)の期間中、千種類以上の魚が獲れる熱海の海で多様な魚と出会う「熱海千魚(せんぎょ)ウィーク」を開催します。

次世代へ海を引き継ぐために

日本財団が行っている「海と日本プロジェクト」”の一環プログラム。(ソトコトオンライン編集部)

「熱海千魚ウィーク」に関する資料
URL: https://drive.google.com/file/d/10xLDIgrwyReGVZSUNBghLTlcR7a31f88/view?usp=sharing

「熱海千魚ウィーク」をどうして開催するの?知って欲しい「海の課題」について

■いろんな魚と出会う「熱海千魚ウィーク」とは?
「熱海千魚ベースプロジェクト」は、5月22日(日)の国際生物多様性の日を起点に約3週間、熱海の海で獲れた多様な魚と出会い・いただく機会を通じて、熱海の海の豊かさや面白さ、海の課題や私たちができる海や海の生き物を守るアクションを知る「熱海千魚ウィーク」を実施いたします。

熱海市内の約20店舗の魚屋・飲食店と「熱海千魚ウィーク」が連携し、各店舗で地魚を積極的に扱っていただくことで、熱海の海で獲れたいろんな魚と出会える機会を作ります。

5月21日(土)には「熱海の海のお魚図鑑を作る」をテーマにした小学生向け体験プログラムを実施。制作した図鑑は翌日5月22日(日)に開催される「サバーソニック&アジロックフェス」(伊東市開催)の「熱海千魚ベースプロジェクト」ブースにて展示を予定しています。

■熱海の海はとっても豊か。1,500種類以上の魚が獲れる
熱海の海は相模灘(さがみなだ)と言われ、日本で獲れる魚の約3〜4割(1,500種類)が獲れる豊かな海です。年間を通じてたくさんの魚が水揚げされます。

ですが、全ての魚が店頭に並ぶわけではなく、実は私たちが見たことのある、食べたことのある魚の種類はごく一部。中には市場価値がつかない、値段が低い「未活用魚」と言われる魚もいますが、その存在は熱海の人の中でもあまり知られていません。

■多様な魚をいただくことが、海の多様性を守る
どうして市場に出回らない魚や「未活用魚」が出てしまうのか。その大きな理由のひとつとして、私たちは“人気のある魚”と“人気のない魚”があるからだと考えています。人気が極端に偏るからこそ、必要とされない魚が出てきてしまいます。実際に世界のほとんどの地域で、魚の損失や廃棄は30〜35%にのぼるという報告も。

■熱海の人でも、熱海の海でどんな魚が獲れているかわからない​
熱海に住む・暮らす方々を対象に約50名にアンケートを実施したところ「熱海で獲れる魚の種類をどれくらい知っていますか?」という質問に対して、「0〜5種類未満」と答えた方が半数以上、「10種類未満」が約90%でした。

未活用魚についても約8割が「知らない」という結果からも、海が目の前にあってもどんな魚が獲れているのか、海がどうなっているのかを知らない人が多いということがわかりました(熱海千魚ベースプロジェクト調べ/熱海市で暮らす・働く方々約50名へアンケートを実施)。

■熱海の海で獲れた魚との出会いを通して、海を考えて欲しい
そこで今回、熱海市内のお魚屋さんや飲食店さんにご協力をいただき、熱海の海で獲れたいろんな魚と出会い、魚を知って、食べる「熱海千魚ウィーク」を開催することとしました。 期間中、連携するお魚屋さんや飲食店さんで熱海の海で獲れた魚を積極的に扱っていただきます。

5月22日(日)は「国際生物多様性の日」です。熱海には豊かな海があり、日々たくさんの魚が獲れます。この海で獲れたいろんな魚を見たり、知ったり、いただくことを入り口に、有限である海の資源や海の生き物について考えてみて欲しい。そして何よりいろんな魚と出会うことを楽しんで欲しいと考えています。

イベント概要

期間:5月22日(日)〜6月12日(日)
開催場所:熱海市内各所
連携店舗:約20店舗(店舗詳細は市内で配布するチラシや「熱海千魚ベース」のSNS等で紹介いたします)

内容:連携する熱海市内の魚屋、飲食店にご協力をいただき、期間中は熱海の海で獲れた魚と出会える機会(購入したり食べる機会)を作ります。
キャンペーン概要:期間中にウィークを楽しんでいただくため、いろんな魚のシールを集めてプレゼントがもらえるキャンペーンを実施します。連携店舗に足を運んで、地魚や地魚メニューを購入された方には各店舗からシールをプレゼント。シールを5枚集めた方には、オリジナルの「お魚ランチョンマット」と魚を買うのに便利な「保冷バッグ」をご用意しています。

連携店舗には「熱海千魚ウィーク」ののぼりが立っています!

運営団体

主催:「熱海千魚ベースプロジェクト」(海のごちそう地域モデルin熱海/特定非営利活動法人atamista)
共催:日本財団「海と日本プロジェクト」

期間中のその他プログラムについて
・前日5月21日(土)には、熱海市内・市外の小学生3〜6年生約20名を対象に、熱海の海や生き物、魚が私たち食卓に届くまでのプロセスを知る体験プログラムを実施。「熱海の海のお魚図鑑」を制作します。制作した図鑑は翌日5月22日(日)に開催される「サバーソニック&アジロックフェス」(伊東市開催)の「熱海千魚ベースプロジェクト」ブースにて展示を予定しています。

・「サバーソニック&アジロックフェス」(伊東市開催)の「熱海千魚ベースプロジェクト」ブースでは「熱海の海のお魚図鑑」の展示と熱海の海で獲れた魚を活用したバーガーを販売します。

・期間中には教育機関と連携し、昨年度から継続している「未活用魚給食」を実施。海の先生をお呼びしたレクチャーも予定しています。

「熱海千魚ベース」プロジェクトとは

2021年度から「未活用魚の価値化」を通じて、熱海の海の豊さや課題について知ってもらう機会作りを行っています。主に子どもたちを対象にした学びの場の創出、教育機関との連携による「未活用魚を活用した給食」の提供などを行ってきました。2022年度からは、新たに「熱海の海からつくる、未活用魚のない未来」をテーマに、未活用魚をはじめ、地域の海で獲れた多様な魚をいただく魚食文化の浸透を目指し、海の資源や生き物の大切さと向き合える取り組みを行っていきます。​本取り組みは、次世代に豊かな海を引き継ぐために、海を介して人と人とが繋がる「日本財団 海と日本プロジェクト」の助成を受け実施しています。
・熱海千魚ベース https://atami-sengyobase.com/

<団体概要>
団体名称:熱海千魚ベースプロジェクト(海のごちそう地域モデルin熱海/NPO法人atamista)
URL:https://atami-sengyobase.com/
活動内容:熱海千魚ベースプロジェクト(海のごちそう地域モデルin熱海/NPO法人atamista)は、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、次世代へ海を引き継ぐため、海を介して人と人とがつながることを目的として、本事業を実施しています。

この情報のまとめ

・意外と多くの魚が穫れる熱海の海
・熱海市内の約20店舗の魚屋・飲食店と「熱海千魚ウィーク」が連携
・海について考える3週間