【発売開始】奄美大島で作る。奄美大島の為のお土産「シーグラスキャンディ」

【発売開始】奄美大島で作る。奄美大島の為のお土産「シーグラスキャンディ」

2022.08.26

地元の為の、地元の商品作りをコンセプトに開発された「シーグラスキャンディ」が奄美大島にて製造、販売開始となりました。

販売は株式会社EnTo(鹿児島県大島郡大和村)が行い、やまとすももの会(鹿児島県大島郡大和村)にて製造を行っています。大和まほろば館(鹿児島県大島郡大和村)にて750円(税込)で販売中。今後は島内各地で販売先を増やして行く予定です。

奄美市と連携したビーチクリーンプロジェクト「SEA GLASS CANDY PROJECT」を実施中。海岸に落ちている漂着ゴミなどを、観光客が拾い綺麗にする。新しい形の観光ツアーです。参加して頂いた方にはシーグラスキャンディがプレゼントされます。

ゴミを拾う観光客①

シーグラスキャンディは佐渡島にて2021年に開業されました。「地元の為の、地元の商品」をコンセプトに佐渡島内での製造にこだわり作られています。地元で販売する商品が、地元製造なのは当たり前の事と感じるかと思いますが、佐渡で取り扱われているお土産品の約8割が島外製造と言われており、離島で様々な商品を作るのは難しい現状があります。

シーグラスキャンディは佐渡島、奄美大島ともに、障害者就労施設と連携し製造を行なっています。離島の障害者就労施設では通年の仕事量が本土と比較すると少なく、安定した仕事を増やす事により、賃金単価を上げる狙いがあります。