【オープン】小田原漁港の鮮魚専門店「うお樹水産」

【オープン】小田原漁港の鮮魚専門店「うお樹水産」

2022.10.09

株式会社Carry Onは、水産業活性化と食育をテーマに、小田原漁港の仲買事業「うお樹水産」をオープンしました。 「うお樹水産」では、小田原漁港を主軸にその他の地域で水揚げされた新鮮な魚を『鮮魚BOX』として販売します。

【うお樹水産】
https://uokisuisan.theshop.jp/

小田原漁港は、神奈川県小田原市早川地先にある第3種漁港であり、「早川漁港(早川港)」の別名もあります。
漁業としては、大型定置網・釣り(沿岸カツオ一本釣りおよびその他)・小型定置網・刺し網漁業となり、毎日多くの魚が水揚げされ、アジ・イワシ・イサキ等が主な魚種として獲れます。

小田原漁港の眼前に広がる相模湾は、日本三大深湾として知られます。
船を数十分ほど進ませるだけで水深1,000mが超え、キンメダイやアンコウなど深海性の魚が獲れる機会もあります。
また、相模湾は湾口が広く、沖合を流れる黒潮の影響が強く出ます。黒潮にはアジやサバ、マグロなど、馴染み深い回遊性魚類が棲息しており、潮の流れに乗って湾内へ回遊してきます。

卸売市場は生鮮食料品を安定供給するための大事な流通拠点です。
しかしながら、近年の人口減少に伴い食料消費量は低下傾向にあり、さらに担い手の不足や、流通構造の変化も重なって、今後の水産業はよりいっそう厳しい状況に立たされるのではと懸念しています。
こういった状況を改善する一助となれるよう、私たち「うお樹水産」は新鮮な魚介類を全国の食卓へお届けできればと考えています。

キャリオンは、YouTuberをはじめとするインフルエンサーのマネジメントを主な事業としています。
所属するインフルエンサーの中には「食」にまつわる動画を制作するクリエイターが多く、彼らの活動を傍で見ることによって、食の在り方に目を向ける機会を得ることができました。

【うお樹水産】
https://uokisuisan.theshop.jp/