おいしいご当地ラーメンがたべたい|台湾ラーメンと半チャーハン

おいしいご当地ラーメンがたべたい|台湾ラーメンと半チャーハン

ローカルごとの違いがあるご当地ラーメン


各地域にある◯◯ラーメンと言われるご当地ラーメンには、それぞれ違いがある。醤油だったり味噌だったり豚骨だったり、ベースはスタンダードでも、その地域地域で少しずつ変わっていって、今の形に落ち着いている。トッピングだったり味だったり、その発展の形はそれぞれだ。


でも、時には独自のラーメンもある。だからラーメンはおもしろい。


今回は台湾ラーメン


これは名古屋が発祥の「味仙」さんの「台湾ラーメン」。


台湾ラーメン


名古屋名物というと、ひつまぶしやきしめんなどもあるが、ラーメンと言えばだいたい「台湾ラーメン」と言うだろう。


そして、その名古屋名物のラーメンが実は東京でも食べられる。「味仙」は神田にもあるのだ。


今回は東京のお店でいただくことに。


赤いスープにひき肉、ニラ、ネギ、そして唐辛子がのっている。


スープをのむと、辛さが口に広がる。スープ自体はさっぱりしている。


麺も普段のラーメンのようにすすると、唐辛子ごと食べてしまうので、気をつけながら食べるのがまた楽しい。


そして、口直しにチャーハンを途中途中で挟む。そうすることで辛さも中和される。


食べ終わることには汗もかいて、辛さも含めて満足感がある。


次は名古屋の本店で食べてみたい。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP