【開催】「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.東京2022」

【開催】「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.東京2022」

2022.10.21

10月29日(土曜日)・30日(日曜日)の2日間、六本木ヒルズアリーナにおいて、農林漁業者・食品事業者及び消費者が、日本の食が抱える課題や目指す未来について、ともに考えるきっかけとするイベント「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.東京2022」を開催します。

開催趣旨

我が国では食の外部化・簡便化が進む一方、食と農との距離が遠のき、農業や農村に対する国民の意識・関心は薄れています。このような中、これからの日本の、そして自分たちの食を確かなものとするために、消費者と農林漁業者、食品事業者が出会い交わり、「食と農」への新たな気づきや発見をし、意識と行動を変えていくためのきっかけ作りを目指しています。

開催日程及び場所

開催日程:令和4年10月29日(土曜日)11時00分~19時00分、10月30日(日曜日)11時00分~18時00分
開催場所:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6−9−1)

主なイベント内容

Z世代が生産現場を体験して学んだことや成果を発表するトークセッションや展示・体験ブース、日本全国の生産者たちがつくる農産物などを扱ったマルシェを開催します。

【トークセッション】
生産現場を体験したZ世代がJA全中の会長と食の未来について語り合ったり、食や農をテーマにしたクイズバトルの開催、更には、大学生が食と農をテーマに小学生に出前授業を行った模様や高齢化に直面している生産現場に通った4年間の軌跡などを発表します。

【展示・体験ブース】
収穫体験などをしたZ世代がプロデュースする国産素材だけでつくるスイーツの販売や、食の安心や食べ物の価値を大学生がデザイン視点で考え直すプロジェクトの展示、子供でも参加できる種植え体験など様々なブースを展開します。

【マルシェ】
食の未来を見据えて実際に行動に移している生産者等と会話しながら買い物を楽しめる場を展開します。
詳細は添付資料またはニッポンフードシフト公式サイトをご覧ください。

添付資料:https://prtimes.jp/a/?f=d52804-20221014-98428557a84808039484425eb2e7247f.pdf
公式サイト:https://nippon-food-shift.maff.go.jp/fes/tokyo20221029/
※ 本イベントは、新型コロナウイルス感染拡大防止対策や行政機関等からの要請、方針等により、内容が変更となることがあります。