東京ローカルのおいしいラーメンがたべたい|担々麺とミニ陳麻飯

東京ローカルのおいしいラーメンがたべたい|担々麺とミニ陳麻飯

ローカルにある街中華


いろんな飲食店があるが、地域にかならずあるのが、食堂的な「中華料理屋」。


最近は「町中華」などと呼ばれている。どこもだいたいカウンターとテーブル数個がほとんどだ。


食堂的な感じからか、地域の方々の集まる場所にもなっている。


今日は夕方訪れたので、チョイ飲みの方々が多かった。ワイワイと近況報告や仕事の話をされている。


そんな中でいろいろなお話に耳を傾けながら食べるのも面白い。


今日は担々麺


今日のラーメンは担々麺とミニ陳麻飯。


担々麺とミニ陳麻飯


食べる前に、たっぷりと両方とも山椒をかけて食べるのが好きだ。舌がビリビリするくらいがちょうどいい。


いつもなら麺類のときは半チャーハンだが、今日は陳麻飯。気持ち少なめが良かったのでミニサイズ。


担々麺も、もやしとひき肉がたくさん入っている。一気に混ぜてから食べる。


陳麻飯のビリビリする感じを、担々麺のスープで中和しながらなのだが、こちらはまだ痺れが少ないので、ちょうどいい。


食べ終わる頃にはちょっと汗ばむくらいの辛さが、今の季節は丁度いい。


今度は陳麻飯を普通サイズ、担々麺をハーフにして、より辛さを楽しみながら食べたい。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP