【10月23日に笠岡ベイファームにて開催】岡山県笠岡産ひのひかりの新米を多彩なフードで楽しむイベント

【10月23日に笠岡ベイファームにて開催】岡山県笠岡産ひのひかりの新米を多彩なフードで楽しむイベント

2022.10.22

岡山県笠岡市は、関係人口づくりプロジェクトの一環として、笠岡市産ひのひかりの新米を楽しむイベントを10月23日(日)、道の駅 笠岡ベイファームにて開催します。

イベント概要

イベント:笠岡新米まつり
開催日時:2022年10月23日(日)10時〜15時
場所  :笠岡ベイファーム(笠岡市カブト南町245-5)
入場料 :無料(駐車場あり)
販売商品:・新米笠岡産ひのひかりの無料提供(茶碗1杯分)
       ・新米ひのひかりや米粉の販売(出店:奥山営農組合)
              ・坂本産業の笠岡産たまごかけご飯
              ・米粉ベビーカスラ(出店:tete)
              ・米粉マフィン(出店:有田商店)
そのほか:詳しい情報は公式インスタグラムよりご確認いただけます。
              https://www.instagram.com/kasaoka_sketch/

イベント実施背景

これまで笠岡市に興味関心を持っていただくため、地元農家と食を通じたオンライン交流を行ってきました。イベント内では、生産者の生の声や、観光地の中継などを交えたことにより、「笠岡市に行ってみたい、住んでみたい、ふるさと納税をしてみたい」等、参加者の9割以上に満足いただき、次のアクションに繋がるイベントとなりました。かねてよりオンラインイベント内で、「現地へ行ってみたい」という声を数多くいただいており、今回は直接農家さんと交流をいただけるオフラインイベントを開催する運びとなりました。

ひのひかりと米農家さん紹介

農業法人奥山営農組合 有本正義さん
岡山県笠岡市山口地区は、扇状地となっており、奥山池のミネラル豊富な水のおかげで、昔より米作りが盛んです。奥山営農組合の田んぼは、砂地で水はけが良く稲が健康に育ち、おいしいお米を作ることができています。「耕作放棄地となった多くの田んぼをなんとかしたい!」その思いで立ち上がった仲間と米作りをしています。

ひのひかりとは、食感はもちもちとしていて、味はコシヒカリに似ています。冷めても甘味や旨味が逃げないので、お弁当やおにぎりにおすすめです。晴れの国おかやまの太陽の恵みをいっぱいに受けた、ひのひかりをぜひ一度お召し上がりください。

イベントのお楽しみポイント

イベント会場である道の駅笠岡ベイファームでは、約1000万本のコスモスが見ごろを迎えています。
また、10月23日には笠岡市制70周年記念 道の駅11周年祭も開催されます。ステージイベントとしてミニライブやダンス、じゃんけん大会を実施します。笠岡市PRブースやキッチンカー・お得な店頭市も出店します。ぜひご参加ください!

こんな人におすすめ

・おいしい新米を食べてみたい方
・グルテンフリーや体にやさしいもの、小麦アレルギーなどに興味のある方
・地域のおいしいものを知りたい方
・岡山県笠岡市に興味のある方