【開催】地域の教育課題をサポートする「あしてらキャンプ2022冬季」

【開催】地域の教育課題をサポートする「あしてらキャンプ2022冬季」

2022.11.16

地域における子どもの世界を拡げる日常的な居場所をプラットフォーム化する株式会社あしたの寺子屋(は、2022年12月・1月の冬休み期間、全国3地域で「あしてらキャンプ2022冬」を開催します。

要約

・「あしてらキャンプ」は、人口3万人未満の地域における“大学生などの少し上の世代との出会いや外部との接点が少ない”、“近隣に学習塾がない”などの教育課題の解決を支援するプログラム
・2022年度冬季は12月〜1月にて北海道2か所、福岡県1か所で開催予定
・夏季は7月〜8月にて北海道5か所において開催

「あしてらキャンプ2022冬季」開催について

<あしてらキャンプとは>
あしてらキャンプでは、小学生~高校生を対象として学習支援・進路相談・対話・ワークショップなどの多様な学びを届けています。「近隣に学習塾がない」「大学生などの少し上の世代との接点が少ない」など、特に人口の少ない地域が抱える教育課題の解決を支援するために実施しています。あしたの寺子屋の社員に加え、全国各地の多様なバックグラウンドを持つ大学生スタッフと共に現地で場づくりを行うことが特徴の一つです。

<コンセプト>
「子どもたちの世界を拡げる」ことを目指し、普段は出会わない“人”、”言葉”、“知識”などとの出会いを提供する「次世代型」夏季・冬季講習です。学習支援だけでなく、地域外の社会人・大学生との対話やワークショップなどを通して、新しい発見が生まれる機会をつくり、日常生活や学校生活にも繋がっていく学びを育みます。

<実施内容>
「学習サポート」「対話」「ワークショップ」などを通じて子どもたちの“世界を拡げる”ための学びの場を設計しています。

開催概要

【北海道美幌町】
-日時:2022年12月24日(土)~27日(火) の4日間
-場所:美幌町民会館
-対象:美幌町内の中学生、美幌町内外の高校生

※休眠預金を活用した「地方における学習・能力向上機会の拡充による選択格差の解消」 事業のうち、「地方の子どもの選択格差を解消するモデルの構築」の一環として実施します。

【北海道上士幌町】
-日時:2022年12月25日(日)~28日(水)、2023年1月4日(水)~7日(土)の8日間
-場所:上士幌町生涯学習センター「わっか」
-対象:上士幌中学校および近隣中学校の生徒・上士幌高校の生徒

【福岡県広川町】
-日時:2022年1月5日(木)~8日(日)の4日間
-場所:川瀬公民館
-対象:広川町内の小学5年生~高校生
※本事業は、地域コミュニティ施設等デジタル化推進事業の一環で実施しています。

開催背景:地域における教育課題

特に人口の少ない地域においては、教育機会に関する課題が存在すると考えています。あしたの寺子屋は、そのような地域を中心として学びの場づくりを進めてきました。
"町内に学習塾がないので、長期休業期間中だけでも勉強のサポートをしてほしい。"
"地域の外の人たちと関わる機会がない。同じ顔ぶれで学校生活を過ごすため、外からの刺激がないことに課題意識を持っている。"
"地域の大人や地域企業との協働でプログラムを設計し、子どもたちと地域との接点を増やしたい。多世代が交流するような場になると良い。"
"VRやARなど、様々なテクノロジーに子どもたちが触れる機会を作ってほしい"
活動を進めるなかで、地方公共団体から地域の教育に関する様々な声を受け、地域ならではの教育への課題や不安の声に応えるべく、「あしてらキャンプ」を開催しています。

「あしてらキャンプ2022夏季」開催レポートを初公開

・上士幌町 まなびの広場2022夏~なんでも「まなぶ」10日間!~
https://onl.sc/NkLN8xS
・比布町 あしてらぴっぷ~学ぶ、遊ぶ、体験する!~
https://onl.sc/D6YpyLr
・南幌町 まなび場ぽろろ~南幌で学ぶ「3日間」~
https://onl.sc/WrcmZyC
・上川町 ミライ・キャンバス~自分色で描く、上川の未来~
https://onl.sc/tKfwLvz