【西武池袋本店で展覧会開催】切り絵アーティスト柴田あゆみの展覧会

【西武池袋本店で展覧会開催】切り絵アーティスト柴田あゆみの展覧会

2022.11.21

柴田あゆみ氏が生み出す切り絵作品は、光と影が織りなす独特の美しさが特長です。スケール感のある大きな作品から掌にのる小さな作品まで、紙が生み出す独特の世界感を会場で体感ください。

■タイトル:切り出す光に包まれる 切り絵の展覧会 柴田あゆみ かみがみの森
■会期:2022年12月1日(木)~12日(月) 開場時間:午前10時~午後9時 
※日曜日は午後8時まで、最終日12月12日(月)は、当会場のみ午後6時にて閉場
※入場は各日閉場時間の30分前まで


■会場:西武池袋本店 7階(南)=催事場A
■入場料:一般 800円  大学生・高校生 600円  中学生以下無料
■企画制作:柴田あゆみ かみがみの森制作委員会

やさしく繊細な物語と光や音に包まれる、新感覚・ペーパーインスタレーションの世界へ
超絶技巧と、光とレイヤーを折り重ねる新しい陰影表現により、立体彫刻のような美しい切り絵作品を生み出す、今注目の切り絵アーティスト柴田あゆみの個展を開催します。

繊細かつ躍動感にあふれた表現と独自の物語性が、作品に唯一無二の世界観を与えています。また、ダイナミックでスケールが大きいインスタレーション作品は、包み込むような幻想的な空間作品へと人々をいざないます。

本展は“いのちの営みと森羅万象”をテーマに9つのパートに分けて構築されており、森の空間が立ち現れるダイナミックなインスタレーション作品から、絵本や小瓶に小宇宙を閉じ込めたミクロな作品まで、さまざまなアートワークを公開します。

展示作品例

太陽の船

旅人の本

夜のしっぽ

展覧会限定オリジナルグッズ

●会場限定書籍
価格:2,420円

●九谷焼豆皿 あわ/葉
価格:各1,980円(直径約13cm)

●箸置き あざみ/はね 黒/はね 白/しげみ
価格:各550円(直径約4cm)

プロフィール

神奈川県横浜市に生まれる。
2007年にニューヨークに移り、National Academy School of Art にて版画とミクストメディアを習得。
2015年からパリに移り、パリ市運営のアトリエ59リボリにて2年間の展示と制作活動を行う。
2018年から日本を拠点として活動中。同年、イタリア・ミラノマルペンサ空港での大型作品の展示や、ドイツ国際ペーパーアートトリエンナーレにて入選。
2019年には金沢21世紀美術館での世界工芸トリエンナーレにて入選。
2020年には4カ月にわたる大型展示を富士川・切り絵の森美術館にて開催。同年、継続して森山良子氏コンサートツアーの舞台美術を、すべて手切りにて制作・監修。
2022年、丸の内KITTEにて世界最大級サイズの総手切り作品“大地のうた”を展示。同年12月以降、全国を巡り個展を開催予定。

西武池袋本店
住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
電話番号:03-3981-0111(大代表)
営業時間:10:00~21:00 *日・祝休日は~20:00(不定休)
*最新の営業時間はホームページより確認ください。
ホームページ:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/