衛生的で繰り返し洗って使える『3Dアウターマスク』1セット¥800で発売開始。

衛生的で繰り返し洗って使える『3Dアウターマスク』1セット¥800で発売開始。

2021.07.19

株式会社イグアス(本社:神奈川県川崎市、以下イグアス) は、何度も洗って繰り返し利用可能な『イグアス3Dアウターマスク』(以下、3Dアウターマスク)を¥800(税抜き)でサプライ製品販売のECサイト「サプライズバンクドットコム」にて6月8日より販売開始しました。


今年3月に「3Dマスク」データを無償公開して以降、現在まで、約2万件以上のダウンロード数を記録しました。加えて、「すぐに使えるように、製品として3Dマスクを販売して欲しい」とのご要望が多く寄せられたそうです。イグアスでは、今後もマスクを手放すことのできない状況を見据え、マスク不足解消の一助となることを目指して製品化を決定。 『イグアス3Dアウターマスク』の販売に至ったそうです。


素材:ポリプロピレン サイズ:横145㎜ 縦:105㎜ ※サイズは男女兼用、カラーは白1色のみとなります。
素材:ポリプロピレン サイズ:横145㎜ 縦:105㎜ ※サイズは男女兼用、カラーは白1色のみ。

3Dアウターマスクは、イグアスの事業ブランド「HBS(Health, Beauty & Smile)」のもと販売されるもので、飛沫飛散の抑止に効果的な仕様となっているとのこと。(飛沫試験実施済み、補足資料※1,参照)


マスク本体はプラスチック(ポリプロピレン)でできており、必要に応じて何度も洗浄が可能。内側に付属のインナー(不織布)をセットし、耳にかけるひもを取り付けることで、すぐに利用可能です。一般的な使い捨てマスクのように都度廃棄することなく、インナーのみを取り換えることで、衛生的かつ経済的に使用することができます。


今後は、気温が上昇する夏に向けて涼しい装着感を備えたモデルを企画中の他、利用者の声を反映した改良型や新デザインなど、マスクのラインナップ拡大を推進するそうです。


イグアスでは製品化した3Dアウターマスクの一部を本社所在地の神奈川県川崎市、及び保育園などの施設に寄付することを決定しております。


顔の輪郭に合わせた設計で抜群のフィット感
顔の輪郭に合わせた設計で抜群のフィット感