【季節のおすすめメニュー】美食家を唸らせたサロマ湖の牡蠣・氷室貯蔵キャベツなど、新得地鶏とともに冬の北海道食材を味わう

【季節のおすすめメニュー】美食家を唸らせたサロマ湖の牡蠣・氷室貯蔵キャベツなど、新得地鶏とともに冬の北海道食材を味わう

2023.01.17

海道を感じられる旬素材を用いた“おすすめ”メニューの提供を1月16日(月)より開始します。

北海道シントク町 塚田農場 冬のおすすめ 

北海道サロマ湖産牡蠣 生/焼(炭火)
550円(1つ)

かつて、美食家で有名な北大路魯山人が「サロマ湖の牡蠣ほど味が濃いものはない」と評し、俳人の種田山頭火が「日本三大牡蠣」のうちのひとつだと絶賛したのが、このサロマ湖で育つ牡蠣です。

サロマ湖は周辺の山々から栄養豊かな水が注ぎ込んでいるのに加え、オホーツク海と繋がる日本最大の汽水湖であり、流氷が運んでくるシベリアの大森林由来の恵も享受しています。

1月~3月にかけてのこの時期は、厳しい寒さに湖は凍っており、牡蠣の水揚げは氷上をスノーモービルで移動して氷を割る作業から。小ぶりながら旨味をぎゅーっと凝縮したような濃い味わいの鍵は、各地で牡蠣を生産している日本でも類を見ないほどにユニークで過酷な環境にあるのです。

美しいサロマ湖の海水を感じられる生牡蠣、旨味と甘みがさらに閉じ込められる焼き牡蠣、どちらもおすすめです。

佐々木ファームさんの氷室貯蔵キャベツのステーキ
750円

ブランド誕生時から冬の代名詞として提供していた本商品でしたが、ここ数年お休みしていたところ、多くのリクエストをいただき、この冬復活させました。

佐々木ファームさんは東京ドーム3個分もの広大な農地を化学肥料や農薬を使用せずに管理し、多種多様な野菜を生産しています。氷室貯蔵キャベツはその名の通り天然の氷を活用した貯蔵庫「アイスシェルター」で熟成したもので、それにより甘みが増してキャベツの持つ味わいがさらに引き上がります。

これをオーブンで焼き上げて、ニンニクが効いたアンチョビソースで召し上がっていただきます。シンプルですが、この手間暇かかったキャベツならではのおいしさがとても際立つ食べ方なのではないかと思います。

夢想農園さんケールのシーザーサラダ
680円

柔らかでえぐみのないふわふわ食感のサラダケールは、十勝地方は士幌町の夢想農園さんから届きます。ふわりと香る心地よい青さと穏やかな苦みは、濃厚で甘みのある地鶏の脂や、十勝チーズの料理によく合います。
リンゴ、ホワイトマッシュルーム、クルミと共に、北海道ヨーグルトを使った特製ドレッシングで和えてご提供します。

十勝産「シーベリー」

ビタミンACE、オメガ7、アミノ酸各種、ミネラル…と、豊富な栄養素を持つスーパーフードとして話題の果実「シーベリー」をラインナップします。海外産が多くを占める中、当店では十勝の生産者酒井さんが丁寧に育てたものを取り扱うことができました。

シーベリーは欧州名で、中国ではシャージ、和名にはウミクロウメモドキ、アメリカではシーバックソーン…と各国に名称をもっており、いまいちピンとこないかもしれませんが、美容に関心の高い方々には、近年「サジー」として身近です。

十勝の生産者酒井さんから届くシーベリーを、デザートとドリンク4種に仕上げました。イキイキ!きれい!な気分を、「おいしい!」感動とともにお楽しみください。

(時計回りに)
北海道ヨーグルトプリン シーベリーソースで 500円
とかちシーベリーサワー 680円
とかちシーベリーソーダ 550円(ソフトドリンク)
​とかちシーベリーミルク 500円(ソフトドリンク) 
(表記した上記価格は、全て税込です)

北海道シントク町 塚田農場
ブランドサイト
https://lp.tsukadanojo.jp/hokkaido/
Instagram
https://www.instagram.com/hokkaido_shintoku_tsukadanojo/
LINE
https://line.me/R/ti/p/%40dxt3634i