【誕生】~広島で守り継がれる”宝”の味を~「ケークショコラ衹園坊柿」

【誕生】~広島で守り継がれる”宝”の味を~「ケークショコラ衹園坊柿」

2023.01.26

広島県産品の魅力をチョコレートで発信しようと、2019年のバレンタインを皮切りに実現した、世界的パティシエ・辻口シェフと広島県産品のコラボスイーツ企画。第5弾となる今回は、広島原産の柿とコラボした「ケークショコラ衹園坊柿」が完成しました。

太田川の下流から上流へ…最適地で守り継がれる宝物

広島県を流れる一級河川、太田川。
その上流に位置する安芸太田町で、代々大切に育まれている希少な渋柿があります。
柿の名は、衹園坊。
干し柿にすれば、とろける果肉の上品な甘さが口に満ちる高級古品種です。
もとは太田川下流域の祇園社で栽培され、そこの僧侶の頭に似た果実の形が名前の由来になったと、江戸期の文献に記されています。

時の広島藩主・浅野公に献納されたことで、その美味しさが一躍知れ渡ったそうです。
気候や気温に敏感な衹園坊柿は、やがて適地を求めるかのように太田川上流へ。
明治後半頃、川船や陸運を経て安芸太田町に根を下ろしたと考えられています。
以来地元の宝物として、誇りとして、脈々と受け継がれてきました。

2022年10月末、辻口シェフは現地の圃場と加工場を訪問。
そこで出会ったのは、1人の若手農家でした。
衹園坊の干し柿の美味しさに惚れ込み、後継ぎとして定住を決めたといいます。
後継者問題に揺れている同町の農家にとって、まさに希望の星。
「自分が衹園坊柿を食べて好きになったように、たくさんの人に食べてもらって興味を抱いてもらいたい」
と力を込めます。
郷土の誇り・衹園坊柿の可能性を求めて、世界的パティシエ・ショコラティエが洋菓子との新たなマリアージュを生み出しました。

和洋の上品な甘さが融和する大人のパウンドケーキ「ケークショコラ衹園坊柿」完成​

ブランデー・アニス・シナモンで香りづけした衹園坊干し柿が贅沢に入ったチョコレートパウンドケーキに、柿と相性の良い和栗とキャラメル風味のガナッシュをあわせチョコレートでコーティング。
刻んだくるみも加え食感にアクセントをつけました。
衹園坊柿の魅力を存分に引き出したバレンタイン限定の商品です。

販売情報

■商品名:ケークショコラ衹園坊柿(1本)
■価格:税込4,860円
■販売本数:限定400(予定)
■発売日時:2023年2月1日(水)10:30~

■販売場所:
・福屋八丁堀本店7階催場「ショコラショー」内
 「モンサンクレール」
・福屋オンラインストア
https://shop.fukuya-dept.co.jp/cp.html?fkey=sp_valentine2023