【洋上のコラボレーションを発表】ポナン × ピエール・エルメ・パリ フランスを代表する二社が!

【洋上のコラボレーションを発表】ポナン × ピエール・エルメ・パリ フランスを代表する二社が!

2023.07.16

定番マカロン「イスパハン」をはじめ、「アンフィニマン ピスターシュ」、「ヴァニーユ」、「ショコラ」の4種類のマカロンで五感を刺激する味覚の世界旅行をお楽しみください。

■ピエール・エルメ氏 コメント

マカロンで無限の創造性を発揮することができるからこそ、マカロンは私のお気に入りの表現手段です。マカロンは絶え間ない冒険へつながり、イランからブラジル、タヒチ、メキシコ、マダガスカルまで、それぞれのフレーバーは世界へと開かれた招待状なのです。

また、今回のパートナーシップを大変嬉しく思っています。ピエール・エルメ・パリとポナンは、お客様の好奇心を呼び覚まし、五感の冒険と洗練された体験をご提供するという使命を共有していることに気づきました。

■PONANT CEO ジャン エマニュエル ソウヴェ コメント

ティータイムにピエール・エルメのマカロンを味わうことは、あっという間にポナン全客船における素敵な定番のひとつとなることでしょう。ポナンとピエール・エルメ・パリは、ユニークなひとときと忘れられない感動体験を創造するという同じ志を共有しています。フランス流ノウハウのアンバサダーである二社のコラボレーションを嬉しく思っています。

<ピエール・エルメ氏を主賓に迎えたクルーズ就航>

この新たなパートナーシップを記念して、2023年7月6日から13日までの期間、ル リリアル号ではピエール・エルメ氏を主賓として迎え、アテネからイスタンブールまで地中海の古代の宝を発見する航海を行います。
また、航海中の2回のガラディナーは、ピエール・エルメ氏とラ・マムーニア(モロッコ)の副総料理長ラシッド・アグレイとそのチームが企画し、マスター・パティシエがデザートをプロデュースいたします。

ピエール・エルメ氏は、クリエイティブなガストロノミーへの情熱と、新しい味覚と食感を求めるために彼が向かう先についてお話し予定です。ラ・マムーニア最高経営責任者ピエール・ヨームと副社長のラシッド・アグレイとともに、お客様にラグジュアリーなレストランの卓越性と創造性への終わりなき探求の旅にご案内いたします。

地中海の古代遺産を巡るクルーズ

日程:2023年7月6日~7月13日(7泊8日)
航路:アテネ(ギリシャ)→イスタンブール(トルコ)
船名:ル リリアル号
クルーズ代金:3,960ユーロより
詳細はこちら:https://asia.ponant.com/the-mediterranean-ancient-treasures-of-the-mediterranean-ly060723-8

<ピエール・エルメ・パリとは>

4代続くアルザスのパティシェの家系に生まれたピエール・エルメは、フランス、日本、アメリカで名高い。ヴォーグ誌で“パティスリー界のピカソ”と称賛されており、創造性あふれる菓子作りに挑戦し続けている。独創的なアプローチはパティスリー界の伝統に革命を起こし、その鬼才ぶりでフランス美食界の伝説となっている。 1998年、自身のブランド「ピエール・エルメ・パリ」として、東京に一号店をオープンし、2001年にはパリのサンジェルマン地区の中心、ボナパルト通りにもブティックをオープンした。

食材の厳格な選別から、厳選された店舗で販売される美味、そして非の打ちどころのないサービスまで、ピエール・エルメのクリエーションが生み出されるすべての段階で、ラグジュアリーの証がそこにある。2016年、《世界のベストレストラン 50アカデミー》より「世界の最優秀パティシエ」を受賞。また、フランスの専門知識を広めるための継続的な取り組みとして、ピエール・エルメ・パリは高名なコルベール委員会に所属し、国際的なプロ菓子職人協会「ルレ・デセール」の副会長や他協会のメンバーを務めるほか、ザ・リッツ・カールトン、パーク ハイアット、ラ・マムーニア、ニューオータニといったグループのパートナーも務め、12カ国で事業展開をしている。
https://www.pierreherme.com

<PONANT(ポナン)とは>

Explore to inspire:感動を求めた探検へ。
今年創業35周年を迎えるポナンは、より責任ある観光と意義のある探検の航海に取り組んできました。フランス籍の全13隻の客船は、環境に配慮した最新の機器を備えています。ポナンのご提供するクルーズでは、洗練された本物の探検・冒険(エクスペディション)をご提供し、全てのエクスペディションはインスピレーションの源となるものです。

船乗りが始めたフランスのクルーズ会社「ポナン」。3本マストの「ル ポナン号」から始まり、2010年には世界で初めて極地をクルーズすることを前提に建造された「ル ボレアル号」を含む4隻の姉妹船を建造し、業界最大の南極送客数を誇ります。ポナンが保有する全ての客船は自然に優しく、ディーゼルと電気、もしくはLNGと電気のハイブリッドエンジンを使用し、環境への配慮を行っています。

ラグジュアリーエクスペディションクルーズのグローバルリーダーとして、北極から南極まで魅力溢れるあらゆる地をご案内するとともに、我が家のようにくつろげるプライベートヨット感覚でカリブ海や地中海クルーズもお楽しみいただけます。