敏感肌でも安心の100%天然素材。シルク×コットン×リネン「究極のオーガニックマスク」再販です。

敏感肌でも安心の100%天然素材。シルク×コットン×リネン「究極のオーガニックマスク」再販です。

アパレル事業を展開する株式会社ヒューマンフォーラム(本社:京都市中京区)が運営する「 USEDを拡張する進化型古着屋 "森"」にて、カンボジアを拠点としてオーガニック衣料品を制作しているスレッド・アンド・コー株式会社 (本社所在地:東京都千代田区)が販売し、即完売した100%天然素材の「究極のオーガニックマスク」をさらに改良したマスクを再販することになりました。また、同素材で制作した天然染めカラーマスクと、リネン100%の「究極の軽ふわオーガニックエコバッグ」も今回新たに取り扱い、発売します。


0201


0202


シルク×コットン×リネン「究極のオーガニックマスク」なら敏感肌でも安心です


〜日本の暑い夏でも快適に涼しく〜


スレッド・アンド・コー株式会社が展開するブランド、LinneOrganics(リンネ・オーガニクス)のマスクは、素材から縫製・デザインに至るまで、一般的な布マスクとは全く異なる「究極のオーガニックマスク」です。今年5月に限定発売し、即完売した話題作で、次回入荷を求める声が多かった受け、夏に向けて急遽再販が決定したそうです。再販にあたり、前回作よりシルク部分を増やし、肌触りの良さをさらに高められているそうです。


生地素材には、100%天然素材(肌側にシルク&コットン、外側にリネン)を使用し、涼しく軽く快適で、「着用できるマスクがない」とお悩みの敏感肌の方も安心して使用できるそうです。


また、自宅で洗って繰り返し使用できるため、環境にも優しく経済的です。なお、各素材の物性については、世界最大規模の検査機関SGSより認証を取得してます。保管に便利なリネン100%のマスクケース付きです。


==合わせて読みたい==
イチからわかるSDGs入門、今日からできるアクション・ガイド。


商品規格


肌側の生地素材:シルク100%(縦糸)コットン100%(横糸)
外側の生地素材:リネン100%
サイズ:横幅 約21cm × 縦幅 約13cm (マスクケースサイズ:約14cm × 約14.5cm)
重量:約10g (超軽量)
耳紐:ニット編み素材 (約15cm〜30cmに調節可能)
縫製:カンボジア
生地仕立て:インド


 


価格(税抜)


究極のオーガニックマスク
無染色 1,450円
カラー(ダークブラウン、グレー、ダークミント)各1,495円


LinneOrganicsのオーガニック夏マスクの特徴



  • 糸の品質からこだわったオーガニック製法の天然素材を使用

  • \t
  • 肌面シルクの滑らかな肌触りと、外面リネンの清涼さで、快適な着け心地

  • \t
  • シルク表面は人間の肌に最も近い天然タンパク質を持っているので、敏感な肌にも優しい

  • \t
  • シルクの保湿効果で肌の乾燥防止になるので、日中にも睡眠時にも活躍

  • \t
  • シルク・リネンの優れた通気性により、蒸れにくく、雑菌が増えにくいので衛生的

  • \t
  • 様々な顔の形・サイズにフィットするよ、マスク全体のサイズを細部まで微調整

  • \t
  • 立体的デザインにより、口紅が付きにくく、付けたままでも呼吸や会話がしやすい

  • \t
  • 超軽量薄型で、重量感や圧迫感なく着用できる

  • \t
  • 耳紐には柔軟ニット素材を採用、長さ調節できる結び仕立てで長時間使用しても耳が痛くなりにくい

  • \t
  • 本体も紐も洗濯可能、乾きも早く、繰り返し使えるので、環境にも優しく経済的


また、併せて、カンボジアの植物を用いた天然染めのカラーマスクと、マスクの外面リネンと同素材の超軽量エコバッグも新たに発売されます。


0204


100%天然染め オーガニックカラーマスク


カンボジアの植物から採れる樹皮や葉などを用いた天然染めにより、今回初めてカラーマスクが制作されました。カラーバリエーションはライトブラウン・グレー・ダークミントの3色で、それぞれココヤシの皮、アーモンドの葉、ガンボージの樹皮を使って染色されています。天然の植物のためそれぞれに個性があり、思いもよらない絶妙な色合いが生まれたりすることがあります。
1枚1枚異なる、その自然な色合いは化学染料では決して表現できないものです。使用後の原料は土に還り、それが堆肥となって新たな植物を育てます。Linne Organicsは、この循環型生産サイクルを徹底したものづくりを行なっており、カラーマスクではその真髄を感じていただけます。


0207


0206


編集部ピックアップEDITER’S PICK UP