佐賀県に暮らす心地良さや魅力を日常のストーリーで伝える特別企画展「佐賀に生きる、わたしの日常」

佐賀県に暮らす心地良さや魅力を日常のストーリーで伝える特別企画展「佐賀に生きる、わたしの日常」

佐賀県は、情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の事業の一環として、個人や法人の人生の節目にお祝いの機会をプロデュースする、人生を祝うプロデューサー「オア明奈」さんとコラボレーションし、いいふうふの日 特別企画展 「佐賀に生きる、わたしの日常」(以下、本企画展という。)を、恋人の聖地サテライトに選出された唐津市・波戸岬 海水浴場付近にて、11月22日(日曜日)から29日(日曜日)の8日間限定で開催します。


71


新型コロナウイルスの影響で、県内の多くのイベントが中止・延期になる中、佐賀県に暮らす心地良さや、佐賀県の魅力に気付くきっかけを作りたいという想いから企画しました。特産品や観光名所だけではなく、佐賀に暮らす人の、そこにあって当たり前と思われてしまいがちな日常こそ佐賀県の一番の魅力かもしれない。そういう考えで、CRAZY WEDDINGプロデューサーとしてキャリアを積み、夫婦のストーリーを引き出すエキスパートであるオア明奈さんとのコラボレーションにより、「佐賀に暮らす夫婦の日常にある幸せ」にフォーカスした屋外展示を、「いい夫婦の日」を皮切りに実施します。


佐賀市、唐津市、伊万里市、嬉野市、太良町に住む夫婦5組10人の日常のストーリーを、海を目の前に臨むことができるOPEN-AIR(オープンエアー)な波戸岬 海水浴場付近の広場に展示します。Twitter上で佐賀県に暮らす心地よさや魅力を「#佐賀がいい」で募集したり、県内複数のカフェにて本企画展で展示した夫婦のストーリーに触れていただける連動企画も展開します。



開催概要

開催概要


72


名称:いいふうふの日 特別企画展 「佐賀に生きる、わたしの日常」
期間:2020年11月22日(日曜日)~29日(日曜日)
開催時間:9時00分~17時30分※荒天時は展示を中止する場合があります。
会場:唐津市・波戸岬 海水浴場付近
料金:無料


イベントのポイント



  • いい夫婦の日に合わせて実施する、「佐賀に暮らす夫婦の日常にある幸せ」にフォーカスした屋外展示イベント

  • 夫婦のストーリーを引き出すエキスパートであるオア明奈さんとコラボレーション

  • 恋人の聖地サテライトに選出された唐津市・波戸岬 海水浴場付近で実施

  • 夫婦5組10人の日常のストーリーを各1.3m×1.3mの大きさで展示


展示コンテンツ紹介(一部)


75


76


77


いいふうふの日 特別企画展 「佐賀に生きる、わたしの日常」展示イメージ


プロデューサー オア明奈さん コメント



佐賀を訪れて、佐賀に暮らす人の話を聞いて、どんな特産品や有名な観光名所よりも、佐賀にある日常が魅力的だと感じました。
身近すぎて気にもとめないこと、当たり前すぎて言葉にすらしないことってたくさんありますよね。
たとえば、ふうふの関係も、この土地に生きる理由も、日常にある小さな幸せもきっとそう。
誰一人として同じ人生がないように、ふうふの形が様々なように、佐賀に生きる理由も人それぞれ。
この展示をきっかけに少しだけ立ち止まって、目の前にある景色、いつもそばにいる存在に目を向けてみてください。
「佐賀がいい」と思う瞬間に気づくだけで、佐賀に生きる日常が、昨日よりほんのすこし愛おしくなるかもしれません。



その他の展開


Twitter企画


いいふうふの日 特別企画展の開催にあわせ、Twitter上でも“佐賀県に暮らす心地よさや魅力”を集める企画を展開。佐賀県民をはじめとする皆様から「佐賀に暮らすそれぞれの“わたし”の日常」にまつわるテーマで、ハッシュタグ「#佐賀がいい」を つけた投稿を募集するもので、場所を問わずどこからでも、気軽にご参加いただける企画を目指します。


県内カフェ企画


いいふうふの日 特別企画展終了後、12月上旬(予定)から、県内複数のカフェにて本企画展で展示した夫婦のストーリーに触れていただける連動企画を展開します。屋外展示に足を運べなかった方々にも、ご夫婦5組10人の「佐賀とわたしのストーリー」に触れることができます。


※開催期間などの詳細はサガプライズ!公式Twitterで随時お知らせ。 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP