地球という大切な「家」のためにできること。イケア・ジャパンが「サステナブルウィーク」を開催。

地球という大切な「家」のためにできること。イケア・ジャパンが「サステナブルウィーク」を開催。

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社は、2020年11月26日(木)から12月6日(日)まで「サステナブルウィーク」を開催しています。


61


地球は私たちの「家」です。お客さまと共により良い「家」をつくるために、イケアは2030年までに、再生可能及びリサイクル資源をベースにしたサーキュラービジネス(循環系ビジネス)を展開することを目標としています。その目標にむけて、より多くの人々によりサステナブルに暮らすためのインスピレーションを提供し、簡単に手ごろなコストで実現できるようにしたいと考えています。「サステナブルウィーク」を通して、サステナブルな未来に繋がるアクションを日々の暮らしのなかで楽しみながら実践できるようにサポートします。


サステナブルウィーク概要


開催期間:2020年11月26日(木)~2020年12月6日(日)


1. 家具買取りキャンペーン


世界で1年の中で最も買い物客が多い日とされるのがブラックフライデー。イケアは77年間の歴史で初めて、世界27か国のイケアストアにて、「ブラックフライデー」に代わり「バイバック(買取り)フライデー」と称した家具買い取りキャンペーンを行います。ご自宅やオフィスで使わなくなったイケアの家具を買い取る家具買取りサービスを「サステナブルウィーク」のキャンペーン期間中にご利用いただくと、IKEA Familyメンバー及びIKEA for Businessメンバーの方に限り、通常査定額に30%上乗せして買い取りします(通常は10%)。買い取った家具はイケアのアウトレットで販売され、第二の人生を歩みます。


買い取りサービスの詳細はIKEA webサイトをご覧ください。


お申込み期間:2020年11月26日(木)~2020年12月6日(日)
実施場所: 全国のイケアストア(都心型店舗は除く)


2. 海洋プラスチックを使用した新コレクションMUSSELBLOMMA/ムッセルブロマを発売


MUSSELBLOMMA/ムッセルブロマは、バッグ、クッションカバー、テーブルクロスからなるコレクションです。布地には、スペインの漁師が地中海の網にかかったPET樹脂を回収した再生プラスチックを原材料の一部として使用しています。この布地をつくるために利用できる1キロのPET樹脂を回収するには、同時に9キロのごみ(その他のプラスチック、金属、ゴム、ガラスなどの素材)を海から回収することになります。


これまでイタリアとスペインでのみの販売でしたが、このたび「IKEAサステナブルウィーク」に合わせて日本での発売の運びとなり、2020年11月26日(木)よりIKEA原宿で先行発売後、11月30日(月)よりIKEA渋谷で、12月10日(木)より全国のイケアストアで販売開始します。商品の概要は、IKEA webサイトをご覧ください。


62


3. フレキシタリアンキャンペーン


フレキシタリアンとは「野菜中心だけど、たまに肉や魚も食べる」というスタイルの食生活。サステナブルウィークの期間中に、全国のイケアレストランとIKEA原宿のスウェーデンカフェにてプラントベースフード(植物性食品)のホットメニューをご購入いただいたお客さまに、12月7日以降ご利用いただけるお得なクーポンを提供します。地球温暖化に歯止めを掛ける取り組みとして、イケアでは2025年に向けてイケアレストラン、ビストロで使用される原材料の約半分を動物性から植物由来の原材料へシフトすることを目指しています。プラントベースフードは、肉を使うよりもカーボンフットプリントが少なく、環境への負担を抑えられます。この機会に、美味しくて地球にも優しいメニューをぜひお試しください。


63


クーポン内容



  • プラントボール8個100円オフ(2020年12月7日~2021年1月31日有効)

  • \t
  • レストランでのドリンクバーもしくは、ノルディックウォーター無料(2021年2月1日~2021年3月31日有効)

  • \t
  • スウェーデンフードマーケット 1000円以上ご購入で8%オフ(2020年12月7日~2021年1月31日有効)

  • \t
  • プラントベースソフトアイス無料(2021年2月1日~2021年3月31日有効)


イケアは、私たちの家である地球にポジティブな影響を与えるように、循環型社会の形成を積極的に推進し、サステナブルな未来の実現に貢献します。今後の具体的なアクションとしては下記を展開されます。


日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)への加盟


イケア・ジャパンは持続可能な脱炭素社会実現を目指す企業グループである日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)に今年12月1日付けで正会員として加盟します。大きな目標達成のために重要なこのパートナーシップを通じて、パリ協定合意の気候変動対策の長期目標(産業革命以後の気温上昇を1.5℃に抑える)1達成に向け取り組みます。


段ボールの梱包材としての再利用


イケア・ジャパンは毎年、6,000トンもの段ボールをリサイクルしていますが、リサイクルの際に生じる炭素排出量を削減するため、段ボールのシュレッダーを導入し、梱包材に利用します。これにより環境負荷を減らすだけでなく、梱包材コストが軽減し、お客さまへのより低価格の商品のご提供に還元できます。8月のIKEA福岡新宮での導入を皮切りに、年内には全国のストア(IKEA原宿、IKEA渋谷を除く)で順次導入予定です。


使い捨てアルカリ電池の販売終了


イケアは2021年10月までに、世界中の商品展開からアルカリ電池(非充電式)を外し、販売を終了する予定です。代わりにLADDA/ラッダなどの充電式電池をご利用いただくことにより、長期的には温室効果ガスの排出量を削減しながら、お客さまの節約にもつながります。(日本ではストアでのアルカリ電池の在庫がなくなり次第、順次の終売となります。)


64

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP