オンライン開催!しまねで見つける、関係人口の第一歩

オンライン開催!しまねで見つける、関係人口の第一歩

ローカル島根の活動を聞いて、話して、ゆるくつながろう!


多様なローカルプレイヤーが活動するフィールド・島根から、自分らしい「関わりしろ」を見つけられるオンラインイベントのご案内です。島根と関わる楽しさがぎゅっと凝縮されたイベントになっていますので、ぜひご参加ください!


プログラムの第1部では、『関係人口をつくる~定住でも交流でもないローカルイノベーション~』の著者であるローカルジャーナリスト・田中輝美さんによる関係人口セミナーや、島根で頑張るローカルプレイヤーたちの活動紹介などが盛りだくさん。見どころは、地域外に住みながらも「自分サイズ」の関わり方で活動している「関係人口の先輩」の事例発表です。どんなきっかけで地域に関わり始め、そしてどんな変化が起こったのか。ぜひ生の声を聞いて、自分らしい関わり方を考えるヒントにしていただけるとうれしいです。


第2部では、活動事例発表を行ったローカルプレイヤーと関係人口の先輩を囲んで語り合う‘‘関わりしろを見つけるフリートーク“を企画! 島根をフィールドに活動する人たちと直接つながり、ゆるく語り合う中で、あなただけの「関わりしろ」を見つけてみませんか? お茶でも飲みながらお気軽にご参加ください。


東京や関西といった都市圏はもちろん、日本各地のローカルにお住まいの方、そして島根県在住の方も大歓迎! みなさんのご参加をお待ちしています。


先着80名! 1/25(月)まで受付中です!


 


■お申込み方法
島根の地域活動応援サイト「フレフレしまね」内特設ページにてお申込みをお願いします。
(申込完了後、受付完了の自動配信メールが届きます)
※本イベントは「地域づくりオールスター祭オンライン ④関係人口セッション」として開催されます。


お申し込みはこちら!


 


■開催概要
日時:令和3年2月6日(土)
   第1部 13:00~15:00
   第2部 15:00~17:00
会場:オンライン(ZOOM)※URLは参加申し込みの方に後日ご案内します
参加費:無料
定員:先着80名
共催:公益財団法人ふるさと島根定住財団/島根県


 


■セミナー講師のご紹介
田中 輝美(たなか・てるみ)さん
株式会社MYTURN/ローカルジャーナリスト


島根県浜田市生まれ。山陰中央新報社に入社し、記者として地元で働く喜びに目覚める。
東京支社などを経て2014年、独立。フリーのローカルジャーナリストとして、島根に暮らしながら、地域のニュースを記録、発信している。著書に『関係人口をつくる -定住でも交流でもないローカルイノベーション-』(木楽舎)、共著に『みんなでつくる中国山地』(中国山地編集舎)など。


http://www.tanakaterumi.com


田中輝美さん


 


■活動事例発表のローカルプレイヤー(団体)のご紹介
当日はローカルプレイヤーと直接語り合うことで、ぜひ自分らしい関わり方を見つけてください!
これまでの活動事例以外からも、たくさんの関わりしろが見つかります。


NPO法人江の川鐵道(島根県邑南町)


廃線となったJR三江線を活かし、関係人口と共に未来を変えるプロジェクトに挑戦しています。

これまでの活動事例:廃線に人が乗れるトロッコを走らせるイベントを開いたり、10年間続くイルミネーションイベント「INAKAイルミ」を事務局として支えたりと、邑南町羽須美地域と関係人口のつながりづくりをしています。島根県観光大賞受賞!


https://gounokawa.com


江の川鐵道


 


伊野地区自治協会(島根県出雲市)


関係人口と共につくる地域というビジョンを掲げ、産直市やスポーツイベントなどを実施しています。


これまでの活動事例:伊野の食材などを販売する「伊野いち」、ふるさと会員制度創設、伊野の山野を走るトレイルラン、伊野の自然を舞台に子どもの遊びをつくる「伊野べーション」など、出雲市伊野地区と関係人口のつながりづくりをしています。


http://inochiku.sakura.ne.jp


いの


 


NPO法人かみいとう(島根県松江市)


10年先も、誰もが今以上に住みやすい上意東であるために、関係人口の醸成事業など地域に根差した活動を行っています。


これまでの活動事例:地域拠点「おちらと村」の指定管理および、地域福祉の充実を目的とした「まめなか学級(敬老会)」や異世代交流による地域づくりのための「地元小学生との稲刈り体験会」などを実施し、松江市上意東地域と関係人口のつながりづくりをしています。


https://kamiitou.jp


かみいとう


 


イベントのお申し込みはこちら!

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP