「2021年版住みたい田舎ベストランキング」史上初の4冠、若者世代部門で2連覇を達成した都市とは

「2021年版住みたい田舎ベストランキング」史上初の4冠、若者世代部門で2連覇を達成した都市とは

宝島社(千代田区)が発行する『田舎暮らしの本』(2021年2月号)の中で「2021年版 住みたい田舎ベストランキング」が発表され、人口10万人以上の「大きな市」グループで、愛媛県西条市が総合部門・若者世代部門・子育て世代部門・シニア世代部門の全4部門において全国1位、史上初の4冠を獲得しました。4部門の中でも若者世代部門では昨年に引き続き2連覇も達成しています。


「住みたい田舎ベストランキング」とは


2013年2月号からスタートした「住みたい田舎ベストランキング」では、移住定住の促進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数など272項目のアンケートを実施。回答のあった645の自治体を人口10万人以上の「大きな市」、人口10万人未満の「小さな市」、「町」「村」のグループに分け、移住者のニーズや施策が異なる世代を若者世代・子育て世代・シニア世代に分けて田舎暮らしの魅力を数値化し、総合と合わせ4部門のランキングを紹介するもの。


愛媛県西条市はこんなところ


「住みたい田舎ベストランキング」史上初全4部門で全国1位を獲得した愛媛県西条市の住みやすさとして




  • 西日本最高峰の石鎚山がもたらす名水百選「うちぬき」が各所で湧く「水の都」

  • 瀬戸内海に面し、豊かな自然に恵まれ、人気のアウトドアアクティビティが充実

  • 四国屈指の農業・工業都市で求人も豊富

  • 四国第1位の合計特殊出生率(1.75)、ICT教育など、就労・子育て環境も充実



といったポイントが挙げられています。


移住支援が充実、相談件数が昨年度の5倍に


西条市では移住支援として完全オーダーメイド型の無料移住体験ツアーやAIを活用したデジタルマーケティングなど、時代の変化に合わせた支援策を充実させ、コロナ禍により対面式のイベントが制限される中、オンラインを積極的に活用し、移住相談件数は昨年度の5倍に増加。「チャレンジを応援するまち」として、人のつながりを重視したサポートも行い、都会から若い移住者が急増しているといいます。


西条市中心部に構えた会員制交流スペース「紺屋町dein」では、UIターンした若い起業家たちが活躍し、移住者と地元の人が共鳴、挑戦する人と応援する人が活躍する新しい活動も生まれてきているそうです。


愛のあるえひめ暮らしフェア


積極的かつ時代に即した移住支援を用意し、移住者と地元の人との交流を促進することにより地域が活性化され、より住みやすい田舎まちになるという好循環が生れている愛媛県西条市。


田舎暮らしに興味のある方だけでなく、移住促進する自治体にとっても注目すべき取り組みではないでしょうか。


令和3年3月までオンライン移住相談会も開催中。


宝島社『田舎暮らしの本』2月号(2021年1月4日発売)

文|土田真樹子

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP