食品ロス削減と食支援の必要な方に向けて「ファミマフードドライブ」の全国展開スタート。

食品ロス削減と食支援の必要な方に向けて「ファミマフードドライブ」の全国展開スタート。

株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:細見研介、以下:ファミリーマート)は、2021年9月に創立40周年を迎えます。様々なきっかけでお客様がさらにファミリーマート店舗に足を運んでいただけるようになる(=ファミマる。)ために、本年は40周年に向けたチャレンジ「40のいいこと!?」に取り組んでいきます。このたびは、「40のいいこと!?」の5つのキーワードの1つである「食の安全・安心、地球にもやさしい」の一環として、家庭で余っている食品をファミリーマート店舗に持ち寄り、自治体やNPOなどの協力パートナーを通じて、支援が必要な方に提供する活動「ファミマフードドライブ」の全国展開を、2021年4月から開始します。


取り組みイメージ


72


ファミリーマートは2019年より地域の方々が店舗のイートインに集い交流を図る「ファミマこども食堂」を開催し、これまで、約370回、延べ4,000人の方々にご参加いただきました。


一方、新型コロナウイルス感染症の影響により、多くのこども食堂が活動の休止を余儀なくされる中、ファミリーマートとして 持続可能な社会のために何か貢献できることはないかを考え、このたび、「ファミマフードドライブ」の企画をスタートすることとなりました。これまで、愛知県日進市の店舗など、一部店舗で取り組みが行われてまいりましたが、制度を整え、全国の希望する店舗にて展開をさせていただきます。


73
店舗に設置される回収BOXのイメージ

「ファミマフードドライブ」の取り組みを通じて、ご家庭にある余った食品が活用されることで、食品ロスの削減につながるととともに、全国に店舗があるファミリーマートを回収拠点とすることで、地域の皆様に、気軽に社会貢献活動に参加していただくことができるようになります。また、お寄せいただいた食品は、地域の自治体やNPOなどの協力パートナーを通じて、その地域で支援を必要とする方に届けられます。


「ファミマフードドライブ」の取り組み概要


①店舗での取り組みについて


・パートナーの協力が得られる地域で、実施を希望する店舗で取り組みします。取り組み店舗詳細はHPをご確認下さい
・店舗に回収ボックスを設置してご家庭で余った食品をお預かりし、協力パートナーへお渡しします。


73
ファミマフードドライブのロゴマーク。 ロゴマークが掲示された回収BOXで受け付けします。

<受付可能な食品>


・未開封で破損していないもの
・賞味期限まで2カ月以上あるもの
・常温保存可能なもの
※アルコールや、日用品・金銭など食品以外のものはお預かりできません。
※協力パートナーによって条件が異なる場合がございます。 


②食品の回収および寄贈について


・取り組みに賛同いただける協力パートナーが店舗でお預かりした食品を回収し、地域で支援が必要な方へ寄贈します。
・回収頻度、食品寄贈先は協力パートナーによって異なります。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP