全国約4000軒の契約生産者のふぞろい食材のみ販売する新サービス「ふぞろいRadish」販売開始

全国約4000軒の契約生産者のふぞろい食材のみ販売する新サービス「ふぞろいRadish」販売開始

安心・安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平、以下:オイシックス・ラ・大地)は、運営する食材宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」において、オイシックス・ラ・大地の契約生産者が生産したこだわりの野菜から出荷規格に満たない野菜を中心に、水産品や畜産品などのフードロス食材を活用して、新しい価値を提供する「ふぞろいRadish」を2021年4月5日(月)より開始しました。


61
商品イメージ
62
商品イメージ

高まるエシカル(※)消費需要に対応、フードロス削減目的とした「ふぞろいRadish」


日本におけるフードロスは、年間約612万トン(2017年 農林水産省推計)といわれ、SDGsへの関心の高まりとともに、コロナ禍における飲食店需要減の影響をうけた生産者、行き場を失ったフードロスの食材や、環境保全意識の高まりからエシカルな商品に関心を寄せる人が増えています。(※エシカルとは、人や社会、環境に配慮した商品のこと。)
「らでぃっしゅぼーや」では、1988年の創業以来、持続可能な社会の実現を理念に掲げ、環境負荷の少ない自然栽培で育てた野菜・果物を中心に、こだわり食材の提供に注力しています。2001年からは、お客様と生産者をつないだ資源循環サービスとして、各家庭で出た野菜くずを乾燥させたものを回収して、契約生産者にお届けしてたい肥に使用してもらう循環システム「エコキッチン倶楽部」を導入するなど、積極的にサステナブル社会実現に向けた取組を展開しています。
今回、さらに前進した取組として、フードロス削減を目的とし、ふぞろいな食材のみ販売する「ふぞろいRadish」を立ち上げ、エシカルな商品購入意欲のあるお客様がお買い求めしやすい新サービスとして本格展開します。


4つの観点で、ふぞろい理由をわかりやすく紹介


お客様には、どんな理由で「ふぞろい(不十分、偏りなどを含め)」なのかの理由を包み隠さずに伝え、それをご理解いただいた上で、気持ちよくご購入いただけるように情報提供します。商品は、以下4つの観点で、該当するふぞろいの理由なのかを包み隠さず紹介します。


63
サイズ/正規品より小さすぎる、大きすぎるもの。サイズ不選別品も。 例)小さめの玉ねぎ
64
形/正規品と比べて形が歪なもの。乱形のもの。 例)鬼花トマト
65
色/色ムラや変色があるもの。 例)青春色づきミニパプリカ
66
キズ/外皮やパッケージに傷があるもの。 例)わけありネーブル

使い方が限定される食材なども、余さずに食べる美味しいおすすめな食べ方を紹介するレシピや献立を提案し、どなたにでもお楽しみいただけるよう、ふぞろい食材を加工してプラスの価値を加えた「アップサイクル品」の開発にも力を入れていきます。


サービス概要


■サービス名:「ふぞろいRadish」
■提供開始日:2021年4月5日(月)~
■取扱い対象の生産者:オイシックス・ラ・大地契約の全生産者約4,000軒
■商品提供数:スタート時40アイテム販売 (予定)
ふぞろいの農作物・畜産物・水産物、ふぞろい食材を使用した加工品など
※取り扱う全ての食材がふぞろい食材です。
※季節、生産状況により、取り扱い商品は変動します。
※アイテム数は2022年末には年間で100アイテム販売予定です。


67
ロゴ

 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP