ガンダムに登場するザクの頭部をモチーフにした鉄瓶が

ガンダムに登場するザクの頭部をモチーフにした鉄瓶が GREENカラーにバージョンアップして再登場

プレミアムバンダイでは、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場したMS(モビルスーツ)ザクの頭部をモチーフにした岩手県の伝統工芸品「南部鉄器」の『鉄瓶ZAKU(GREEN)』(27,500円 税込/送料・手数料別途)の予約受付を2021年5月12日(水)13時に開始しました。


発売元:水沢鋳物工業協同組合


なお、2021年6下旬(予定)よりGundam Cafe、GUNDAM SQUARE各店でも購入できます。


31
南部鉄器鉄瓶ZAKU(GREEN)

商品特長


本商品は、日本の伝統や優れた技術を、「機動戦士ガンダム」の情報発信基地「Gundam Cafe」から広める「Discovery-G」シリーズ第十五弾です。


アニメ「機動戦士ガンダム」で幾度もガンダムに立ち向かい、そして撃破されてきた量産型MSザクを伝統工芸品「南部鉄器」の鉄瓶ZAKUとして2018年に「Discovery-G」シリーズ11弾として商品化しました。本商品は、2018年に発売した鉄瓶ZAKUをGREENカラーに装いを新たにしたバージョンアップ版となります。


南部鉄器とは


奥州市の南部鉄器は平安時代(1088年)に藤原清衡が、近江国(滋賀県)より鋳物師を招いたのが始まりとされています。この近隣には、後背地にあたる北上山地の砂鉄、木炭および羽田の北上川旧河川跡から出る質の良い砂と粘土などの鋳型材料が容易に手に入れられることから鋳物業が栄え、定着しました。


奥州市の鋳物は現歴史遺産 平泉全盛期時代は梵鐘・仏具なども作り平泉文化の一翼を担ったと言われています。江戸時代には伊達藩の保護も受け、鉄鍋、鉄釜を中心に仏具など、日用品の鋳物の生産が繁盛し、明治時代以後は盛岡市、奥州市の両産地の技術交流が進み、昭和30年代には盛岡市と奥州市両方の土地で作られた鋳物を総称して南部鉄器と呼ばれるようになり現在に至ります。


盛岡市と奥州市で作られる南部鉄器は1975年(昭和50年)2月17日に通商産業大臣指定伝統的工芸品(現経済産業大臣指定伝統的工芸品)に指定されました。


職人技により再現された鉄瓶


奥州市の伝統文化を継承した水沢鋳物工業協同組合にザクの頭部をモチーフとした鉄瓶を依頼してプロジェクトが2018年に始動。鋳物としては異例の形状を奥州市の職人の方々が見事に再現。今回はザクのカラーリングであるGREENカラーを施し日本独自の「侘び寂び」を彷彿させ更なる存在感ある逸品に仕上げました。


南部鉄器は銑鉄を主原料として造られ、その魅力は質実剛健、そして素朴な深みのある味わいにあります。鉄の素材で独創性高いデザインで仕上げた鉄瓶ZAKU(GREEN)は茶具として、日常使いとしてご使用いただければと思います。南部鉄器で沸かしたお湯は鉄分豊富になり、お茶を淹れるとまろやかな味わいに。お茶もおいしいのですがこの湯で作るカップ麺は贅沢な日常のひと時となることでしょう。


商品概要


・商品名  :南部鉄器鉄瓶ZAKU(GREEN)
・価格   :27,500円(税込)(送料・手数料別途)
・対象年齢 :15才以上
・セット内容:鉄瓶ZAKU(GREEN)1個、茶漉し1個
・商品サイズ:W約150mm×D約200mm×H約165mm 重量…約2,475g(茶濾し含まず)
・商品素材 :鉄 ※茶漉し…ステンレス
・生産エリア:日本
・販売ルート:バンダイナムコグループ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」
       Gundam Cafe、GUNDAM SQUARE各店
・予約期間 :2021年5月12日(水)13時~数量に達し次第終了予定
・商品お届け:2021年6月予定
・発売元  :水沢鋳物工業協同組合
・企画元  :Gundam Cafe


※商品のサイズ、重量は個体により多少異なります。


(C)創通・サンライズ


※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売を終了させていただくことがあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。
※日本国外で販売する可能性があります。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP