「釣りよかでしょう。」初プロデュース釣り人のための視聴者連動型アウトドアブランド「ARAKA」

「釣りよかでしょう。」初プロデュース釣り人のための視聴者連動型アウトドアブランド「ARAKA」

UUUM株式会社とAnyMind Group株式会社は、両社提携による取り組みの一環として、佐賀県を拠点に活動するUUUM専属クリエイター「釣りよかでしょう。」が初プロデュースする視聴者連動型D2Cアウトドアブランド「ARAKA(アラカ)」をローンチ。第一弾として『釣り人のための様々な機能を搭載したアングラーフレンドリーなジーンズ』を、2021年6月26日(土)18:00から「ARAKA公式オンラインストア」にて販売開始します。


61


「釣りよかでしょう。」初のD2Cブランド。彼らの自然を遊び尽くす世界観とこだわりを体現した「ARAKA」の立ち上げにあたっては、「大自然を、遊び場に。」というコンセプトを基に、デザイン、カラー、素材など細部に至るまで ”釣りよか。”メンバーが全面的にプロデュース。


彼らクリエイターのこだわりと想いを形にするため、UUUMとAnyMindのパートナーシップのもと、UUUMグループ会社のP2C Studioと、AnyMind が提供するAnyFactory、AnyShop、AnyLogiによる企画・デザイン・生産・ECサイト構築・物流など伴走型の総合支援の協働プロジェクトが実現し、ブランドローンチに至りました。


「ARAKA」について


ブランド名の由来


ARAKA(あらか)とは、佐賀県の方言で「たいへんだ!」「やばい!」というような驚きを表す言葉です。「釣りよかでしょう。」ならではの視点を活かしたオリジナリティのある製品企画を行い「いままでにない体験を届ける世界一自由なアウトドアブランドに」という想いが込められています。


ブランドコンセプトは「大自然を、遊び場に。」



海、山、森、そして都会。
日常と非日常をシームレスに
行き来するすべての人に、
最高の遊び道具を。

大自然へ駆け出そう。
あなただけの遊び心で。



動画コンテンツ×ものづくり


ブランド名決定から製品開発までのプロセスを「釣りよかでしょう。」のサブチャンネル「佐賀よかでしょう。」で動画コンテンツとして公開。視聴者の皆様のご意見も反映し、製品開発プロセスも一緒に楽しみながら作り上げたブランド「ARAKA」の第一弾として、こだわりぬいたプロダクトが完成しました。


ARAKA | 第一弾製品ラインナップ


ARAKA JEANS (アラカ ジーンズ)


生地から縫製まですべて日本製にこだわり、釣り人のための様々な機能を搭載したアングラーフレンドリーなジーンズ。釣りのシーンで使用頻度の高いペンチや、スマートフォンを収納できるツールポケットの他、製造工程で生地に施された特殊加工により、海や川で水に濡れるストレスを軽減できます。


61


価格:13,800円(税込)
カラー:インディゴ ワンウォッシュ
素材:C:99%/PU:1%
サイズ展開:M(30 inch)・L(32 inch)・XL(34 inch)
ARAKA × ROOT CO. GRAVITY MAG REEL 360 (アラカ ルート グラビティマグリール 360)


登山や、フェス、釣りなどのシーンで支持されているアウトドアギアメーカーROOT CO.とコラボしたARAKA別注カラーのGRAVITY MAG REEL 360。マグネットを内蔵したカラビナ付きキーホルダー。バックパックやベルトループに取り付けてiPhoneケースや鍵など吊り下げて使用可能です。マグネットリール紐は伸長約85cm・マグネット耐荷重約3.4㎏と、自由自在に様々なシーンでお使い頂けます。※吊り下げる物の重量は300g以下を推奨しています。


63


価格:3,500円(税込)
カラー:ブルーグレー(ARAKA別注カラー)
サイズ:H124×W40×D16mm


「釣りよかでしょう。」のリーダー :よーらい氏からコメント



釣り人に楽しんでもらえるアパレルブランドを立ち上げることが夢のひとつだったので、初のブランド「ARAKA」の立ち上げがとにかく嬉しいのはもちろん、さらに、視聴者さんと一緒になって、釣り人の皆さんが本当に欲しいと思うようなものを作りあげるのは心から楽しいし、本当にワクワクするプロセスでした。

 身につけることで気持ちにもスイッチが入るような、そして、遊びのあるデザインと機能性を両立し、これまで色物や派手なアイテムを選ばなかった方たちも思わず身に付けたくなるような、高品質なプロダクトをプロデュースしていきます!

すべての釣り人、大自然で遊ぶ人びとに、ARAKAを自由に使い倒して、楽しんでもらいたいです!!


編集部ピックアップEDITER’S PICK UP