下越初開催!課題先進地、新潟県阿賀町で月3万円ビジネスを立ち上げる挑戦者を募集。

下越初開催!課題先進地、新潟県阿賀町で月3万円ビジネスを立ち上げる挑戦者を募集。

阿賀まちづくり株式会社(新潟県東蒲原郡阿賀町)が、8月1日に阿賀町公民館にて「さんビズ」説明会を開催します。やまのみのり舎代表の榎本淳さんを講師に迎え、下越地方で初めて「さんビズ」を地域に導入していく仕組みをつくっていきます。


人口減少率、高齢化率が新潟県下1位の阿賀町で、自分らしい暮らしを実現し収益につなげていく方法を実践していくための一歩を学べる機会を提供します。中山間地域は、その人口マーケットの小ささや所得の低さから、貨幣経済のインパクトが薄いと言われています。阿賀まちづくりは、月に3万円の収益という無理のない形でビジネスを組み立て、活躍する人を増やすことによって地域の活性化に資していきます。


「さんビズ」とは?


月の利益が3万円程度のごく小さな経済活動のことを指しています。特長は、競争しないこと、長く続けられること、失敗しても影響が少ないこと、環境への影響が小さいこと、そしていくつものビジネスを組み合わせられることです。中山間地域の新たなライフスタイルの確立につながる「さんビズ」を、経験豊かな講師陣や多様な実践者、そして同じ思いを持つ受講生や修了生と一緒に実践する機会を作ります。


なぜ阿賀町で「さんビズ」が必要か?


<代表・高橋眞也の想い>


4月まで町議会議員をさせてもらっていましたが、現在はまちづくり会社を起業していろいろなことにチャレンジをしています。議員を1期やってみて思ったことは、まちづくりの主体は町民一人一人であり、楽しい暮らしをデザインするには楽しいコンテンツを提供する人たちが必要不可欠であり、いくら空き店舗があって活用してほしいと思っても、そこで魅力のある商売やサービスを提供する人がいなければ、楽しい町にはならないということです。
でもすぐに起業したりするのは難しいと思いますし、ハードルも高いと思ってます。だからこそ、月に3万円だけでも収益を自分であげる。
ということに特化した「さんビズ」さんとコラボをして、阿賀町で少しでもいいから、自分の趣味や空き時間を生かして、商売をしてみるという人を増やすところから始めようと思いました。


41
さんビズの参加者から商店街で起業する人を創り出したい

こういう活動の積み重ねから、津川商店街の空き店舗を使って、新しいお店を始める人たちが出てきたり、山奥の空き家で地域資源をうまく使いながら、楽しんで田舎暮らしをする人たちが増えてくれたら、きっとこの町はもっと楽しく豊かな暮らしができるような町になるんじゃないかなと思ってます。今回のさんビズは、下越地区で初めての開催になります。阿賀町はちょっと遠いかもしれませんが、ぜひ阿賀町という中山間地でさんビズを学んでみませんか。本講座は9月開始予定ですが、8月に説明会を開催いたしますので、ほんのちょっとでも興味のある方がいたらぜひ説明会にお越しください。


さんビズ in 阿賀町 開催スケジュール


説明会  8月1日(日)@阿賀町公民館(予定)
説明会参加費:1200円(配布資料代として)
参加可能な方:スモールビジネスの立ち上げに興味がある方、既に起業している方
       阿賀町、阿賀野市、五泉市、新潟市、西会津町にお住まいの方
       阿賀町の地域資源にご興味がある方
      (上記いずれかに当てはまる方)


 


<さんビズ本講座>


第1回  9月19日(日) @阿賀町公民館(予定)
第2回 10月3日(日)  @阿賀町公民館(予定)
第3回 10月31日(日) @阿賀町公民館(予定)
第4回 11月21日(日) @阿賀町公民館(予定)
第5回 12月12日(日) @阿賀町公民館(予定)
成果発表会 2022年1月23日(日)@阿賀町公民館(予定)

申込期間 8月1日~9月10日
受講料:5万円(資料代含む)

講師:榎本淳(やまのみのり舎 代表)
※全ての回の講師をつとめます
笠原絢子(やまのみのり舎/縄文おてあて屋あわのま)
※第1回のみのゲスト講師です

申込先:阿賀まちづくり株式会社
主催:阿賀まちづくり株式会社
共催:やまのみのり舎
備考等:最低開催人数5名(申し込みが5名以下の場合は中止とさせていただきます。)


42
さんビズ_説明会_チラシ

 

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP