ぼくの渓流用リールたち

ぼくの渓流用リールたち

ぼくの渓流用のリールは、スウェーデンのアブ社のアンバサダーというベイトキャスティングのモデルだ。


abu


手前が1500C、奥が2500C。いずれも1980年代の製造でクラシック。


だけれど、現代のいろいろなパーツを組み込んで、快適な存在になっている。


これはまるでリノベーション。来年も一緒に過ごしたい、友人のようなあたたかい機械なのだ。

編集部ピックアップEDITER’S PICK UP