【簡単レシピ】『ちむどんどん』で話題!「フーチャンプルー」をつくってみた。

【簡単レシピ】『ちむどんどん』で話題!「フーチャンプルー」をつくってみた。

2022.06.22

旅先のスーパーで手に入れたローカル食材で郷土料理をつくる……。そんなことができたら素敵ですよね? 私がワーケーション先の沖縄で感動したのは、NHK朝の連続ドラマ『ちむどんどん』にも登場したあの沖縄グルメ「フーチャンプルー」。ふわふわ食感と優しい味付けに、ドラマのストーリーも相まって、すっかりとりこになってしまいました。そこで今回、ワーケーション先の近所のスーパーで購入した「ちゃんぷる~麩」を使って、卵とお麩だけのフーチャンプルーをつくってみました。

そもそも「フーチャンプルー」とは?

一般的なフーチャンプルーの絵。しっかり材料をそろえるとこうなるようです。(写真:kari / PIXTA)

チャンプルーは「ごちゃ混ぜ」を意味する沖縄の方言で、豆腐や野菜などを混ぜ合わせて炒めた料理のことも、このように呼びます。メインになる食材によって「ゴーヤチャンプルー」「ソーメンチャンプルー」というふうに呼び方が変わりますが、「フー」とは車麩のこと。フーチャンプルーは、車麩をメインにいろいろな食材を混ぜ合わせて炒めた料理のことです。

卵とお麩だけのシンプルフーチャンプルー 材料と作り方

<材料>

車麩……1本
……1個
旨味調味料……適宜
(ぬちまーす)……適宜
サラダ油の代わりにマーガリン……適宜

<作り方>

1. 麩を2cm程度にカットし、多めの水に戻し、よく絞る。

産直市場には、すぐに使えるカット済みの車麩も売っていました!

2.よくときほぐした卵に塩と旨味調味料を加え調味する。1.)を混ぜ、卵を充分に吸わせる。

沖縄食材にこだわり、塩は「ぬちまーす」を使います。

3.フライパンを熱し、マーガリンを適宜入れたら、2.)を炒める。

「ホリデーソフト」という沖縄ブランドのマーガリンを見つけたので、油の代わりに使ってみました。

4.軽く焦げ目がつく程度に炒まったら出来上がり。

野菜を買うのをすっかり忘れていました……。どうしても今日作りたいので、今回は麩と卵のみの素朴な仕上げに。

いろどりはイマイチですが、美味しくできました。ぬちまーす醤油も買っていたので、お好みでお醤油をつけながら「醤油バター味」でいただきます。こんなに簡単で、こんなに美味しくていいの?

製麩メーカーさんのレシピもあります。

車麩は沖縄県外のスーパーでも見かけますし、北陸地方のみなさんにとっては身近な食材かもしれませんね。もちろん、ECサイトでの購入も可能です。

沖縄ではシンプルなフーチャンプルーをつくりましたが、後日、自宅で野菜もしっかりそろえてつくってみました。福岡で暮らす私が愛用するあごだしの粉末を使うとより親しみ深い味に、これから我が家の定番メニューになりそうです。

文・写真:青木紀子