鶏×豚の旨味のコラボ「麺や雅流」【大阪ローカルラーメン】

鶏×豚の旨味のコラボ「麺や雅流」【大阪ローカルラーメン】

2022.10.10

ラーメンの製麺所の営業職まさです。 全国各地の多種多様なローカルラーメンを食すこと年間400杯。 ローカルラーメンの美味しさを探し求める方にご紹介したいラーメンをお届けします!

大阪の港区にあるラーメン店「麺や雅流」をご紹介します。
港区といえば、大阪の観光スポットも数多くあり国内はもちろん、国外の方も多く見かけるスポットである。ジンベイザメといえばの「海遊館」日本で2番目に低い山「天保山」等。
また、下町の風景も残っており、観光エリアとしては非常に最適である。

JR弁天町駅から5分ほどの場所にお店がある。ひっそりとした通りに構えているが、休日はもちろん、平日も大勢のお客さんで賑わっている。地域密着型を目指して、敢えてこの場所を選択したとのこと。大通り沿いではない為、目立たないが一度「麺や雅流」のラーメンを食べてもらえたらかなずリピートしてもらえるという確信があったとのこと。その言葉通り、リピート客も新規客も多数来店し、今のお店があるとのこと。店主さんは当初、中華料理人であり、様々なジャンル、技術を身につけてラーメンにたどり着いた経歴を持つ。

サラリーマンの胃袋を掴む

平日の昼間に訪問したこともあり大盛況の様子。
白湯、醤油、塩から選べるとの事で、クチコミにも特に好評だった鶏豚白湯(800円)と唐揚げ白ごはんセット(250円)を注文。ランチにはお得セットがあり、もちろんオーダー。お客さんにはサラリーマンが多く、ほとんどランチセットを注文している。

濃厚ながらもまろやか

10分ほどで到着。
近年では、ラーメン1杯1000円越えは当たり前になりつつあるが、800円でこのボリューム感は非常に嬉しい。鶏と豚を丁寧に煮込み、旨味を凝縮。油と乳化させることにより粘度を高め濃厚さがアップ。麺は、ツルミ製麺所の特注麺を使用。細麺でありながらもコシとツルツル感は唯一無二の味わい。

すぐに唐揚げ白ごはんセットも到着。250円とは思えないボリューム感で、サラリーマンの胃袋を掴んでいるのも納得。カリカリに揚げられた唐揚げは、ご飯はもちろんラーメンスープに浸して食べると絶品。唐揚げのジャンク感とスープの甘みの相性が抜群。

女性のお客さんも完飲される方が多々いるとのこと。濃厚ながらもまろやかな口感触は、クセになること間違いなし。大ぶりのレアチャーシューは、しっとりながらも上品な旨味。スープに負けない存在感で、チャーシュー増量もおすすめ。
大阪に寄った際は、お店に行ってはいかかでしょうか。

店舗情報

麺や雅流
instagram:@menya_garyu
住所:大阪府大阪市港区市岡元町3丁目11−33
TEL:06-6583-5551
営業時間:火曜定休日
     11:30~14:30. 18:00~23:00

文・写真:まさ
*店舗情報・メニュー内容は取材時点の内容でございます。